Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

ごん狐

【作者】 新美南吉 【あらすじ・概要】 狐のごんはいたずらで、兵十が捕まえた魚やうなぎを逃してしまう。その数日後に兵十の母親が亡くなったことを知り、母親が最後に食べたかったであろう魚を逃してしまったことに深い後悔を覚え、自分と同じ天涯孤独の境…

旅屋おかえり

【作者】 原田マハ 【あらすじ・概要】 “おかえり” の愛称で呼ばれるアラサー崖っぷちアイドル 丘エリカが主人公。 自身の失言で最後に残った仕事である旅リポート番組も打ち切られ、おかえり自身も所属する弱小プロダクションも窮地に立たされる。そんな折…

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女

【作者】 アラン・ビーズ、 バーバラ・ビーズ 【あらすじ・概要】 男女の脳は胎児の時期に浴びた性ホルモンの影響で、先天的にプログラムされている部分がある。 影響の程度により、男性的・女性的な特徴が強く出る人と中間的な人が出てくるが、全体的な傾向…

虫食いの家(うち)

【作者】 森下くるみ 【あらすじ・概要】 一時期はAV女優でもあった著者が赤裸々に自分の半生を綴ったエッセイ。幼少のころから東京に出て働き始めるまでの思い出を語る。 秋田で過ごした幼少時代は貧しく、酔うと人格の変わる父との関係に苦しんでいたこと…

カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳

【作者】 関谷英里子 【あらすじ・概要】 同時通訳者である作者が、日本人が使いがちな平易な英単語を、ビジネスで使える単語に置き換えた60例を紹介。著名人の重みのあるスピーチも文法などが特別なのではなく、使われる単語が高度だとしている。 構成は以…

ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮流 頭をよくする読書法

【作者】 小宮一慶 【あらすじ・概要】 読書は論理的思考力を高めるために役立つとしている。 What(現象として何が起きているのか)→ Why(なぜそうなっているのか)→ How(そのことを自分の問題にどうあてはめていけるのか) という考え方をすることが必要…

ダンナ様はFBI

【作者】 田中ミエ 【あらすじ・概要】 コピーライターとして働いていた女性が、FBIで要人警護をしていた”ダーリン”に見初められ、数年間の手紙や電話のやりとりで結婚に至る。ダーリンはFBIを退き、日本の大使館付きで働きながら、日本で「危機管理」の意識…

わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~

【作者】 西林克彦 【あらすじ・概要】 本を読んでいても「わかったつもり」で理解を深めることができなかったり、間違えた解釈をしてしまうことが、どうして起こるのか。また、どうすれば「わかったつもり」を超えて理解を深めることができるのか、について…

マリーの愛の証明

【作者】 川上未映子 【あらすじ・概要】 「ミア寮」の寮生であるマリーは定例のピクニックで、集団から離れ湖のほとりで一人佇んでいた。マリーの恋人だったカレンが訪れ、別れは受け入れるが「私を愛していたのか」を教えて欲しいという。 マリーは「”愛”…

ま、いっか。

【作者】 浅田次郎 【あらすじ・概要】 浅田次郎氏が女性ファッション誌などに寄稿した記事を集めたエッセイ集。小説を読むだけでも浅田氏の人となりはよく理解できるのだが、自分の来歴について語るエッセイを読むとより理解が深まる。 浅田氏が「きちんと…

終電の神様

【作者】 阿川大樹 【あらすじ・概要】 電車の緊急停車から動き出す、7つの短編。 ①化粧ポーチ 緊急停車した電車に閉じ込められた乗客が車内で不快な思いをする。ようやく下車し同居している女性が救急車でたらい回しにされていることを知り、「とるものも…

バカが多いのには理由がある 〈理由がある〉シリーズ

【作者】 橘玲 【あらすじ・概要】 時事問題などに作者の視点で論を展開していく。 タイトルにある「バカが多い理由」は、エネルギーを使わない「ファスト思考」で済ませるからだとしている。人間の思考には「ファスト思考」と「スロー思考」がある。進化の…

旅する火鉢(ものものがたり1)

【作者】 高樹のぶ子 【あらすじ・概要】 祖父の代からずっと受け継がれ、家の盛衰を見続けてきた大きな火鉢。火鉢に描かれた楽しげな旅人に憧れたのか、祖父は常に旅をする人生をおくった。 ある時、サーカスのテントに誘われ、回転する少女や、火鉢を回す…

宇宙に外側はあるか

【作者】 松原隆彦 【あらすじ・概要】 宇宙観察の進歩、宇宙の起源、宇宙の形状、宇宙の外側について、現在の学説を平易な言葉で解説している。 現在では「宇宙マイクロ波背景放射」の観測から宇宙の誕生から38万年後くらいの状況は探れるようになった。…

優しくって少し ばか

【作者】 原田宗典 【あらすじ・概要】 多彩な男女の関係を描いた6作からなる短編集。 ・優しくって少し ばか 句読点をあまり使わない、文章の区切りを口語的なスピード感でつなぐ手法で、すぐ隣で話を聞いているような感覚を受ける。バブル全盛を迎えよう…

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話

【作者】 きんどう 【あらすじ・概要】 Kindle の電子書籍アフィリエイトで生計を立てる きんどう氏の著作。 きんどう(きんどるどうでしょう)というサイトで Kindle本のセール情報や新刊情報などを紹介しアフィリエイトの収入だけで億を狙うという。 内容…

鉄道員(ぽっぽや)

【作者】 浅田次郎 【あらすじ・概要】 浅田次郎の短編集。「奇跡」が起きる8つの短編。 鉄道員(ぽっぽや) 映画化もされた表題作。北海道の寂れた鉄道駅の駅員乙松。彼は不器用で仕事に一途で、娘を亡くした日も、妻を亡くした日も変わらず駅に立ち続けて…

どうか幸せになって

【作者】 ごみたこずえ 【あらすじ・概要】 図書館職員が古くなった本を処分しようとしたところ、高齢の職員から止められ「私はかつてこの本に救われたんだ」と言う。 その本は数十年前に、ある男が娘に贈ったものだった。男は娘が生まれ長くはいきられない…

東京タワーが消えるまで

【作者】 森沢明夫 【あらすじ・概要】 惚れ込んだアーティスト「Deep Sea」を売り出すため、大手レコード会社を退職し、専属レーベルを立ち上げた主人公 佐倉すみれ。体力の限界を超えて働き詰めているうちに恋人とすれ違い「バイバイ」と別れのメールを送…

私の財産告白

【作者】 本多静六 【あらすじ・概要】 財産の作り方、増やし方について述べた本。50年以上前の著作だが、内容は王道で古さは感じない。日本近代経済の祖となった渋沢栄一やみずほグループを築き上げた安田善次郎などとの交流も描かれる。 特に印象に残った…

本日は、お日柄もよく

【作者】 原田マハ 【あらすじ・概要】 幼馴染である広告代理店勤務の今川厚志の結婚式に参席した二宮この葉。久遠久美のスピーチに心奪われ涙する。この葉は同僚の結婚式のスピーチのため久遠にスピーチの作り方を教わる。 同僚の結婚式でのスピーチが参列…

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

【作者】 小原和啓 【あらすじ・概要】 団塊世代以前と最近では「何のために頑張るか」が違っている。以前は「達成・快楽」を求めていたが、「意味合い・良好な人間関係・没頭」を目指している。がむしゃらに達成を目指してきた世代からみると理解しがたいか…

シャンデリア

【作者】 川上未映子 【あらすじ・概要】 毎日のように開店からデパートに入り浸る「デパート依存症」とでも言うべき主人公の女性。わずかばかりのお金に苦労した母を亡くしたあと、忘れていた機器埋込効果音の著作権で高額の印税を手に入れたことから、デパ…

ひとり飲み飯 肴かな

【作者】 久住昌之 【あらすじ・概要】 「孤独のグルメ」の原作者でもある久住氏が、お酒と食事について綴ったエッセイ。 第1部では、お酒と食事の組み合わせとして「チャーハンと焼酎ロック」、「カツオと日本酒」、「焼きそばとホッピー」など、王道から…

HOLY ホーリー

【作者】 吉本ばなな 【あらすじ・概要】 クリスマスの日、準備を整え幸せな気分で恋人に会いにいく。 大きなプレゼントの箱を抱え、タクシーが拾えずにいる男性を車に乗せる。男性は赤ん坊が生まれたという連絡を受け、取るものもとりあえず、何故か大きな…

老人と海

【作者】 アーネスト・ヘミングウェイ 【あらすじ・概要】 老年の漁師サンチャゴは頼る人もいない境遇だったが、彼を慕う少年に助けられながら、慎ましい生活を送っていた。 84日の不漁の後、沖合まで一人船に乗り込み漁に出かける。ついに「信じられないほ…

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント

【作者】 西原理恵子 【あらすじ・概要】 西原理恵子が、仕事・男女関係・家庭・性格・各種トラブルなどについての相談に答える形式の本。彼女らしく、全編を通して「図太くしぶとく生きる」ことを勧めている。「生きるって、みっともないことだし、みっとも…

大どんでん返し創作法: 面白い物語を作るには ストーリーデザインの方法論

【作者】 今井昭彦 【あらすじ・概要】 物語を「面白く」するための具体的な手法を教える。まずは型を覚え、型を利用することで作品を作るトレーニングを重ねていくべきだとする。 主なポイントは以下の通り。 ・ドラマには葛藤が必要 対立軸を明確にするた…

ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?

【作者】 森博嗣 【あらすじ・概要】 ハギリ博士が人工生命、人工知能と人間との境界を探り超えていく Wシリーズの第7弾。前作「青く輝く月を見たか?」の最後で それまでハギリのボディーガードを勤めたウグイが昇進により任を解かれたので、今作では後任…

知っておきたい日本の神話

【作者】 瓜生中 【あらすじ・概要】 日本の神話についての概説的な本。「古事記」、「日本書紀」にある神話をもとに登場人物(神様)にフォーカスを当てた説明となっている。書かれた時代の政治的な意図などにも踏み込まれている。 天之御中主神による天地…