Kennie の読書録

毎日本を読んで、面白い本を紹介したいと思います。

クラリネット症候群

【作者】

 乾くるみ

 

【あらすじ・概要】

 2つの中編小説による本。

 

・マリオネット症候群

  女子高生の里美は夜中目覚めると自分の体を動かせなくなっていた。誰かに体のコントロールを奪われ、体に干渉できず精神だけが残っている状態になる。

 翌日、学校に行くと里美の体を奪った誰かは、どうやら自分が憧れていた森川先輩であることが分かり、さらに森川先輩は何者かに殺されていたことが判明する。

 

・クラリネット症候群

  クラリネット奏者である関さんの養子となった翔太は自分でもクラリネットを演奏するようになる。憧れていた本庄さんの気を引くため関さんのクラリネットを持ち出し演奏していたが、小学校時代のいじめっ子たちに再開し、クラリネットを壊されてしまう。

 家に戻ると、「クラリネットをこわしちゃった」の歌の通り、ドレミファソラシドの音を聞き取ることができなくなっていた。

 実はある事件に関わって拉致されていた関さんから送られてきた暗号を解き、事件の解決をはかるが。。

 

【感想・考察】

  乾くるみ氏の作品の中では、コメディー寄りの作品。この作者らしく読者を騙すような叙述トリックやどんでん返しも仕掛けられているが、どちらかというと、ばかばかしいノリを楽しむことがメイン。

 他人との「入れ替り」は小説の題材でよくみるが、入れ替わりではなく「他人が自分の中に入ってきてコントロールを奪う」という思い付きは面白い。クラリネットの方は童謡の歌詞から思いついたネタをそのまま作品にしたような感じ。

 

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。