Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

そして生活はつづく

【作者】

 星野源

 

【あらすじ・概要】

 日常の生活についてのエッセイ集。

演劇、音楽、作家など多彩な活躍をしている著者だが、

「電話代の振り込みができない」、「カレーを食べると必ず服が汚れる」、「下痢で困る」などなど

ダメっぷりに焦点を合わせて書かれている。

 日々の生活を「普通に」過ごすことの難しさを感じていることや、そういう感性が創作につながっていることが分かる。

 

 

【感想・考察】

 

 著者の楽曲にある

「意味なんかないさ、暮らしがあるだけ ただ腹をすかせて、君のもとへ帰るんだ」

というフレーズが大好きだ。

 大いなる目的に向かって、やるべきことを分解し計画を立て、日々努力していく生き方は素晴らしい。

一方で幸せは「日々の地味な暮らしの中で」、「身近な人との関り」の中にあるというのも真実だろう。

 

Life is not a Problem to be solved, but a Reality to be experienced

というキルケゴールの言葉も好きなのだが、似た意味合いを感じる。

 

「日々出会う人、起こる出来事を大切に、地に足の着いた暮らしをしていくこと」を続けていきたい。