Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

出口 汪 のマンガでわかるすごい!記憶術 本当に頭が良くなる一生モノの勉強法

【作者】

 出口 汪

 

【あらすじ・概要】

 

 頭が悪いから覚えられない、ということはあり得ない。ものは忘れるものという前提で、記憶を定着させる記憶術を駆使することで記憶力は高められる。

 

  理解できていないことは覚えることができない。まずは理解が先行するので読解力、論理を理解する力が大事だとしている。論理の基本としてイコール関係、因果関係、対立関係に基づくと理解しやすくなる。

 理解-記憶-実践(記憶した知識の活用)を繰り返し定着させる。

 

 記憶には4段階あり、

 ①ファミリア-観念に馴染む、聞いたことがあるレベル。

 ②リコグニション-認知するレベル。

 ③リコール- 必要に応じて思い出せるレベル。試験で記述する英単語など。

 ④オートマチック- 意識せずに取り出せるレベル。会話レベルの英単語など。 

全てのことを④に持っていく必要はない。必要に応じて習熟度を上げていくこと。

 

 睡眠する時間に記憶は整理されるので、十分眠ることが大事。

 

【感想・考察】

 マンガと文章が半々くらいで、読みやすく頭に入りやすい。「理解できないものは記憶できない」のは当たり前だが大事なことだと思った。新鮮味はないが役に立つと思われる本。