Kennie の読書日記

毎日本を読んで、面白い本を紹介したいと思います。

テーブルの上のスカイラーク

 タイトルからは何の本だか分からずに読み始めましたが、卓球の市民クラブに集う人たちを描く作品でした。ヤマダマコト氏の作品にしてはオカルトやホラー的な要素はなくて、普段と違う作風とでした。語り手の一人となる「あきらめのわるいオッサン」が実に格好いい!

 

【作者】

 ヤマダマコト

 

【あらすじ・概要】

 新潟の燕市の卓球クラブを舞台とする物語。聴覚障害を持つ中学生の葉月と、地域産業振興を担当する県職員の早川の二人の視点で進行する。

 卓球選手の年齢としてはピークを過ぎた早川だが、諦めずにストイックに練習に打ち込んでいる。彼が所属する卓球クラブに、妙齢の美女である千代と、派手な外見の若者 昴という新メンバーが加入する。

 昴は中学時代に活躍した卓球選手だったが、あるできことから前線を離れていた。クラブのオーナーが引っ張り、また卓球に関わることとなる。クラブの中ではエース級だった早川は昴と対戦し、圧倒的な才能の差を感じてしまう。

 千代を巡り早川と昴の関係は悪化していくが、千代の元カレ佐々木の登場でいつの間にか結託する。佐々木も著名な卓球選手で優秀なカットマンだった。

 とある大会で早川と昴はそれぞれ佐々木と対戦していく。

 

【感想・考察】

 スカイラークというのは、卓球ラケットのブランド名だった。卓球の知識は皆無で、用具の説明や対戦シーンの描写はうまくイメージできないが、なんとなく迫力だけは伝わってきた。情景描写に勢いがあって楽しく読める。

 ストイックすぎる「あきらめの悪いオッサン」早川が、先を歩んだ先輩や優秀な後進と交流する中で、卓球にかける情熱は維持しつつも、切羽詰まっていない余裕のある雰囲気を身に着けていくところは本当に格好良いと思う。

 天才的な才能で活躍するヒーローより、オッサンの成長に共感する自分は、ずいぶん年を取ったということなのだろう。。

 

【オススメ度】

  ★★★☆☆

 

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。