Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行

 世界の「開け口」を探している女子高生が、世界の切れ目は至る処にあると気が付く話です。短いのでサクッと読めます。

 

【作者】

 高野史緒

 

【あらすじ・概要】

 女子高生の夏紀は、子供の頃飛行船を見た記憶を持っている。だがその時見た飛行船が日本に訪れたのは グラーフ・ツェッペリン20世紀初頭で、夏紀が見ているはずはなかった。 

 夏紀の従兄である登志夫は、夏紀の母、祖母も、また別の時期に グラーフ・ツェッペリンを見たと語っていることから、単なる記憶違いではないと考える。

 夏紀と登志夫は自作の量子コンピュータを利用したVRシミュレータを使い、飛行船の記憶を追いかける。

 

【感想・考察】

 多元宇宙論的に、全ての可能性を果たした世界があるとして、異なる因果の流れが重なり合うさまを表現している。VR機器を介し、自分の世界と他にありえた世界が重なり合う様子はダイナミック。

 面白い切り口の作品だと思うが、普段の世界認識と違いすぎる情景なので、作品世界に入り込むことができなかった。

 

【オススメ度】

 ★☆☆☆☆