Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

時限病棟

【作者】

 知念 実希人

 

【あらすじ・概要】

 「仮面病棟」の続編。前作のネタバレが含まれるので、両方読むつもりならこちらから始めてはいけない。

 「仮面病棟」の舞台となった病院を使った「リアル脱出ゲーム」が事件の数年後に企画された。ゲームを企画したプロデューサーが謎の死を遂げ、彼を殺した疑いをかけられた医師も「自殺」した。関係者がゲームの舞台となるはずだった病院に集められ、「クラウン」が仕掛けた「リアル脱出ゲーム」を解きながら、事件の真相に迫る。

 閉鎖された病院という完全密室で、登場人物も数人だけという限定された環境での物語展開で緊迫感ある展開。

 

【感想・考察】

 本作は生粋のミステリ。キャラクタ描写を重視したラノベ展開は全くなく、若干のホラー色が漂う。「脱出ゲーム」の緊張感と、「誰が犯人なのか」という謎自体が読者強烈に引っ張っていくミステリの王道というべき作品。医療知識を謎に絡めているところはこの作者のいつものパターンだが、作風の幅広さには驚かされる。こちらの作品から先に読んでいたら、全く違う印象を受けていただろう。

 本シリーズの次回作が読みたい。