Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

超訳 孫子の兵法

【作者】

 許 成準

 

【あらすじ・概要】

 孫氏の兵法を現代語訳し、現代での戦争であるビジネスに当てはめ解説している本。

孫子の構成に合わせ13編に分け解説している。私自身が役に立つと感じた高項目は以下の通り。

・戦いは慎重に行うこと

 どのような決着をつけたいのか、勝算はどの程度あるのかを冷静に考え、憎しみなど感情の勢いで戦ってはいけない。

・戦いの基本は謀略であること

 正攻法と裏を描くトリックと織り交ぜ、多様な戦略を縦横無尽に繰り出す。

・戦いは素早く終わらせること

 勝つことができても長期戦は自分も消耗し失うものが多い。素早く勝つことが大事。

・戦わず勝つことが最前

 相手の戦う意思をくじく、相手にとっての戦いの利を失わせてしまうなどの方法で戦いを避けることが最前となることもある。

・有利なポジションをとることに全力を尽くす

 実戦でもビジネスでもポジションの有利さが決定的な意味を持つ。

・個人の能力ではなく全軍の勢いを使う

 平凡な能力を統率し一つに向けることができれば、どんなに優秀な個人より強い。

・先手を打つ

 相手の一歩先にでることは決定的に有利。

・情報を活用する

 孫子の時代から情報流通は圧倒的に増えているが、そのコントロールはよりむづかしくなっている。情報を制することで有利に戦えるのは不変。

 

【感想・考察】

 中国古典の翻訳は意味が取りにくいこともあるが、大胆な意訳で非常にわかりやすい。また解説も近現代の比較的身近なことがらを例に語っているので理解しやすい。

 義よりも実を取る考え方、自分の兵をあくまで道具として扱うなど、冷徹に見える部分もある。それでも、現代社会でもよりよく生きるためには、冷徹な戦いを仕掛けてくる相手にも負けない戦略を身に付けることが必要なのだと感じる。

 本の内容とは直接関係ないのだが、一部のページはイメージとして扱われており、iPhoneの画面では拡大しないと見難かった。電子書籍は様々なデバイスで読めることが魅力なので、極力汎用的な見せ方をしてほしいと願う。