読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この国のかたち

 【作者】

 司馬 遼太郎

 

【あらすじ・概要】

 多くの時代小説を著してきた作者が、歴史観を綴ったエッセイ。多くの切り口があるが、特に印象に残ったのは下記の部分。

・日本の帝国主義時代

 統帥権の肥大によって現れてきた、それまでの日本の歴史と連続性のない、数十年間の特異な時代だったと見ている。日本の歴史の美しさを愛しつつ、無謀な戦争に突っ込んだ当時の日本を許せない思いなのだろう。帝国主義は自国内でのマーケットが限界に達した資本主義国家が市場と資源を求めて海外進出したもので、当時それほど資本主義が発達していなかった日本が帝国主義に突入したのは、日露戦争に辛勝し拡大した海軍力を縮小できず、さらなる拡大以外に選択肢がない状況にあったからだと述べている。

・江戸文化の多様性

 江戸時代はそれぞれの藩での教育や士族制度が極めて多様で、多彩な文化が交わるある意味国際的な時代だったと述べている。作者は特に薩長や土佐などの放埒な文化を特に好んでいるようだ。その多様性が明治の土台を作ったと考えている。

 

 

【感想・概要】

 歴史を学ぶことにはいくつかの意味があると思うが、その中でも大きなものは

① 過去の出来事の因果関係を学び、これから起こることを予測する助けとする。

② 魅力的な人物の生き方をなぞり、自らのロールモデルとする。

の2点ではないかと考えている。 

司馬遼太郎の小説は、人物の描写が魅力的で②のロールモデル発掘に意義があると思っていたが、ストーリのないエッセイでは作者の歴史観が直接的に語られ、豊富な知識が溢れるように流れ込んでくるので、①の意義が強く、違った面白さを味わえた。

 

吾輩は猫である

【作者】

 夏目漱石

 

【あらすじ・概要】

 吾輩は猫である。名前はまだ無い。という導入部分は有名だが、ちゃんと読んだことはなかった本。

 猫の一人称視点で人間を観察し、人間の視点では見出せないような人の業をシニカルに切り出した話だが、進むにつれて猫の視点が重要ではなくなり、主要登場人物の台詞回しだけで十分シニカルな話が進んでいた。

 猫の主人となった教師の苦沙弥先生や旧門下生である学者崩れの寒月や、実際何をしているのかわからない美学者の迷亭や、詩人・文学者の東風、また苦沙弥の奥さんや娘など、風変わりな人物たちの会話で明治の風景を描いている。

 落語のような滑稽文という体裁だが、述べられる内容にはそれぞれ深い教養や思慮が感じられる。

 結末で名の無い猫がああいう運命を辿ることは知らなかった。

 

【感想・考察】

 明治時代の話ではあるが、個人主義の急速な拡大が生きにくい世の中を作っているという見方は現在にも通じる。個人主義が徹底するとマスに発信する文化はなくなると予極論を述べているが、ネットの拡大でテレビ・新聞やCDといった幅広い”大衆”に向けたコンテンツは勢いを落とし、ごく小規模のそれぞれの嗜好にあった事柄に分散していく現在の状況はまさに予言通りと言える。実際には情報処理能力の向上で小口分散した嗜好の流れが把握できるようになって、新たな形のマイクロ-マスメディアができているのだとも思うが。

 時代を超えて面白いと思える本だった。 

 

 

 

 

 

スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ

【作者】

知念 実希人

 

【あらすじ・概要】

 天久鷹央シリーズの第4作目だが、時系列としては一番最初で語り手の小鳥遊優と天久鷹央の出会いを描いている。

 「宇宙人に命令された」と言い、意志の宿らない目で同僚の医師を殺されるところから始まり、「宇宙人」との交信を教義の根源とする新興宗教との争いを経て、結末に至る。

 

【感想・考察】

 今作では特に鷹央の人物描写が丁寧にされていた分、深く入り込んで読むことができた。鷹央がアスペルガーという”個性”を持ち、天才でありつつ人間関係の不器用さを自覚し、生き辛さを感じていることや、その鋭さから真実に無遠慮に切り込みながらも、”相手を傷つける自分”に心痛めている描写は、このシリーズの面白さを数段階深めてくれた。

 天久鷹央シリーズを読むのであれば、この作品に触れておいた方が間違いなく良い。

 

 

 

ノベライズ この世界の片隅に

【作者】

 原作:こうの史代

 ノベライズ: 蒔田陽平

 

【あらすじ・概要】

 映画化された同名のコミックのノベライズ版。

 第二次世界大戦の開始前から、終戦後しばらくまでの広島・呉が舞台。

 広島で暮らしていた すず が 呉に住む 周作に嫁ぎ、戦争の影が濃くなりつつある中、強く生きていく話。大きな軍事工場や軍港のあった呉の戦時中の風景が描かれている。戦争に大事なものを次々と奪われながらも、世界の片隅で自分を見つけてくれた周作に感謝し、世界の片隅でたくましく生活を続けていく。

 

【感想・考察】

 恋愛で好きになった相手と結婚するのではなく、結婚が出会いで生活を共にしていく中で徐々に相手に対する愛情が芽生えてくるという感覚は、ある意味正しい在り方なのかもしれない。絵の得意なすずが右手を奪われ、自分に懐いてくれた姪を失い、両親も兄も幼馴染も失いながら、周作や嫁ぎ先の家族と支えあいながら、世界の片隅で生きる場所を作っていく姿には力強さを感じる。

 戦争を描く話だが、すずの明るさに支えられ暗くならずにまとまっている良い話。映画を見てみたいと思った。

 

 

 

 

 

 

フェルドマン式知的生産術

【作者】

 ロバート・アラン・フェルドマン

 

【あらすじ・概要】

 知的生産性を高めるための「7つ道具」を紹介。

 

 直線的に追加されていく、足し算の能力と、面積として積分されていくかけ算の能力があるという話。足し算の能力は強いところを伸ばせばいいが、かけ算の能力は弱いところを補う必要がある。以下に挙げる能力はどれも書くことができないかけ算の要素だという認識。

 

 1.分析力

  データや事実の羅列ではなく、そのなかから意味を見出す能力。データを見ていてもそこに意味を見いだせるかどうかが重要。数字を見るか、物語で見るか という横軸と、事実を強調するのか、関係を強調するのか という縦軸で4項目に分けて分析方法を選ぶことを紹介している。

 

 2. プレゼン力

  自分の意見を他人に伝える能力。簡単な言葉ほど伝わりやすい。相手に合わせて使う言葉を変える工夫も必要。

 

 3. 人間力

  意見の違いを乗り越えて、意見を伝え交渉を成立させる原則を紹介。基本原則として紹介していたのが、以下の4項目。

 ① 人と問題を分けて考える

 ② 姿勢より利益を強調する

 ③ 双方の利益となるようにする

 ④ 効果を測定していく

 

 4. 数字力

  数字で客観的に考えることの大事さを述べる。経営者などは成果が明確になることを嫌い数値目標を避けることがあるが、客観的は評価は必要。一方で数字は下品なものになりうるので、数字を使って考えても相手の前には数字を出さないという配慮が必要な時もある。

 

 5. 時間・エネルギー管理力

  人生の目的が明確でそこから逆算することの大事さを述べている。きちんと選択して集中すること。体力や健康の管理にも数値管理の考え方を取り入れることも提案。

 

 6. 言語力

  言語力を高め、世の中のハブとなることが戦略的に優位であると述べている。ゲーム感覚で楽しみながら、新しく出てきた機器も活用して勉強することを推奨している。

 

 7. 商売力

  誰が自分の顧客なのか、顧客は何に対してお金を払ってくれているのか、熟慮する必要がある。信頼の方程式として T=(E+R+I)/S をあげていた。信用は専門性と約束を守る態度と親しさの合計を利己性で割ったものということ。

 

 8. 結合力

  上記の7つ道具に加え、それらを結合して価値を生み出すことの大事さを述べる。

 

 

【感想・考察】

  非常に分かりやすく説明されていた。最後の方まで外国人が書いていると気づかなかったほど日本語が上手で、数学的な説明でも分かりやすさを増していた。アナリストだけあって特に分析の手法については非常に深い話であった。

 端的に言って、「役立つ本」だった。

 

 

 

天久鷹央の推理カルテⅣ 悲恋のシンドローム

知念 実希人

 

完全にラノベの医療ミステリ。

 

散りばめられた医学トリビアは面白い。ミステリとしてみると伏線の置き方などが当たり前すぎて、謎をとく面白さという意味では物足りないが、トリックの中心が必ず医療知識となっているのはすごいと思う。

 

最近のラノベは、ヘタレ男と特殊能力系少女の組み合わせが多いのだろうか。ヘタレ男に感情移入しやすい層が読者の主流なのかもしれない。

 

天久鷹央の推理カルテⅢ 密室のパラノイア

知念 実希人

 

ラノベとして書かれた医療ミステリ。3話の短編が収められている。

 

主人公たちのキャラクタは完全にラノベのノリだが、ちゃんと医学知識をベースにしたミステリになっている。最終話は王道の密室ものできちんんとプロットが練られている。

 

気軽に楽しめる作品だ。