Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える

 アウトプットの重要さ、そのテクニックを語る本ですが、とても分かりやすく整理されていて、この本自体が「上手なアウトプット」の例のようです。

 本を読んだり譲歩を仕入れるのは好きだけど「外部に何かを発信するのは面倒だな」と感じている自分のような人が、踏み切るためにお勧めの一冊です。

 

【作者】

 成毛眞

 

【あらすじ・概要】

 現代人は情報のインプット過多。単純に情報を集めるだけならAIに置き換わってしまうので、編集する能力が大事。SNSでも読むだけの人が圧倒的だが、発信しないと存在しないとの同じ。自分に才能があるかどうかは他人が決めるので、他人の目に触れなければ何もないのと同じというスタンス。

 

 作者が運営に関わっている HONZという書評サイトの例から、文章で発信することについて述べる。日本人はアウトプットの練習の機会が少ないが、少なくとも書いて発表する練習はしているので、やりやすい。

 

 書評に関する具体的なアドバイスとして、

・テーマや時数などに制限を設けることで書きやすくなる。

・平易な言葉、短い文章、ひらがな多めで分かりやすく書く。

・800時の書評を100文字ずつ8ブロックで書く例を紹介。

 第1ブロック 本の紹介

 第2ブロック  読者の想定

 第3ブロック、第4ブロック 中身の紹介

 第5ブロック、第6ブロック 具体的な中身の引用

 第7ブロック 作者の紹介

 第8ブロック なぜこの本を取り上げたのか

・リズムを整える。五七五七や七七七五など。

・接続詞は文章の関係を明確にするので積極的に使う。

 

  その他、プレゼンの仕方や、自分自身の見せ方や、コミュニケーション術についても言及している。インプットする場合にも「知識」ではなく「技法」を学ぶことにシフトすべきとしている。

 

【感想・考察】

 とにかく分かりやすく伝わってくる。アウトプットを行い、反応を受けて改善していくことが効果的だということがよく分かる。

 何か発信すると面倒なことが起こりそうだと考えてしまうが、一歩動き始めることで回り始める世界があるのだろう。また文章の書き方を具体的にアドバイスしていて参考にしたいと思った。

 まずは容易な表現にすること、書評であればポイントをうまくつかんで適度な長さにまとめることを意識していこう。

 

【お勧め度 ★5が満点】 

★★★★

 

地図にない谷

Amazon Prime Reading で公開されていたので読んでみました。

1970年代に書かれた話で、集落の閉鎖的で陰鬱とした雰囲気が伝わってきます。

歴史の表舞台には現れてこない「裏の歴史」の実在を感じさせる作品です。

 

 

【作者】

藤本泉

 

【あらすじ・概要】

 大学の休みに帰省した帯金 多江は、故郷の鬼兵衛谷で多くの命を奪っている風土病である「いきなり病」について調査しようとする。

母親の静野はこの調査を妨害するが、婚約者であるモンと一緒に調査を進める。

 聞き取り調査を進めるうち、鬼兵衛谷は太閤検地から逃れた人々が住み着き、

江戸時代の一揆の主導者が逃げ込んだ場所であることが分かる。

 帯金家に伝わる古文書と静野の日記を持ち出し解読する内に、

鬼兵衛谷の人々と帯金家との確執や、多江の出生の秘密までが判明する。

 

【感想・考察】

 表の歴史で語られることが全てではないこと、国家の管理から逃れた「自由の民」が実在することを語る。

先日読んだ「山彦」でも「サンカ」と呼ばれる管理外の部族の実在を知った。

どちらも Amazon Prime Reading で読んだ本で、陰謀論者ではないが何かの意図を疑ってしまう。。

 

 一般に語られる「正史」としての歴史は、支配者側に都合よく切り取られたもので、

実際の歴史はもっと多面的で多層的なものだ、というのは間違いないことだろう。

 

 国家というフィクションが必要とされる段階では、デフォルメされた「正史」が求めらることも理解できる。

一方で歴史の陰に隠れようとしている人々を救い上げることも必要なのだと思う。

 

【お勧め度 ★5が満点】

★★

 

 

 

Soundcore Liberty Lite

 

こちらは本の紹介ではないのですが、主にオーディオブックを聞くときに使っていたBluetoothイヤホン AirPodsが無くなってしまい、新しいものを購入したので紹介したいと思います。

 

以前 AirPodsは「落ちにくい」と言ったんですが、結局落としてしまいました。
電車で居眠りして、駅に到着して慌てて降りたら、片側がなくなってました。。

Apple Store で片方だけ買うこともできるようですが、片側でも税込み8,424円。
それならば新しいものを試してみるか、ということでこちらを購入しました。

 

 

Amazonで充電器やバッテリーを販売している Anker の
オーディオ製品ブランドです。

私が購入したときは税込みで5,999円でした。

 

オーディオブックを聞く目的であれば全く不満はありませんでした。

音楽を聴くのが主目的の方は、好みに寄るかもしれません。

ゲームなど遅延にシビアな人には向かなそうです。

 

【良いところ】

・落ちにくい
走っても、ガンガン頭を振っても落ちません。
個人差があるとは思いますが、AirPodsとは大差があります。
走るときに安心して使えるのは大きいです。

・操作性が良い
AirPodsのダブルタップは、今一つ反応が悪かったのですが
こちらの 押し込むボタンは確実な操作性です。

・目立たない
AirPodsはうどんが垂れているような見た目でした。

こちらは耳に隠れて目立ちません。

・接続は安定
接続が切れることは全くありません。

・安い
税込みで5,999円で購入しました。
AirPodsの半額以下です。

 


【悪いところ】

・音質は良くない
低音のボリューム、音の締りに欠ける感じがします。
中高音はすっきりしているので、オーディオブック用には十分以上です。

・歩行時の足音を拾う
AirPodsは耳に引っ掛けるだけなので、歩く振動などは拾わなかったのですが
完全に耳に突っ込むカナル型なので、足音がダイレクトに響きます。

・充電は MicroUSB
iPhone を使うのでLightningケーブルは持ち歩いていますが
MicroUSBは普段持ち歩いていません。
ケースも含めると十分バッテリーは持ちますが、
いざという時を考えると、Lightningの方がありがたいです。

・音声の遅延
AirPodsと比べても若干遅延が大きい気がします。
オーディオブックや音楽鑑賞では気にならないですが
タイミングがシビアなゲームなどでは使いにくいかもしれません。

 

少女終末旅行

 久しぶりにマンガを読みました。
文明滅亡後の世界を旅する話ですが、少女2人の会話が素晴らしく
暗くならず、暖かい物語になっています。


【作者】

 つくみず 

 

【あらすじ・概要】
「ユーリ」と「チト」の2人の少女が、ケッテンクラートという半走軌車に乗り、
荒廃した世界を旅し、西の果ての高い塔を目指す。

荒廃した大地に生き残った人間は少なく、旅の途中で出会ったのは2人だけ。
地図を作り続けるカナザワと、残った図面を元に飛行機を作ろうとするイシイ。

また人間の文明の名残りを処理する生命体「ヌコ」たちに出会う。
古代人が残した図書館や古い絵画に触れ、雨音から音楽を感じながら
旅を続けていく。

長い旅路の果て、ケッテンクラートは補修不可能なまで壊れ
食料も調達できない状況に陥る。
引き返すことができない状況で、最後に西の塔の上にたどり着き
最後の食料を分け合う二人。

 

【感想・考察】
二人の旅は何を目指したもので、最後はどうなったのだろうか。


・普通に読むと「二人は旅の最後に力尽き、人間の文明は潰えた」のだと思える。

二人以外の人間がいなくなった絶望的な世界で旅を続け
自分たちにも、過去文明を積み上げてきた古代人たちも
「いつか全て終わると知っていても、何かをせずにいられない」という
根源的な気持ちに突き動かされていると感じる。
生きることに意味はないのかもしれないが、終わりまで行動を続け
「生きるのは最高だったよね」と言って人生の終わりを迎える。

おそらくこの読み方が一番素直で、作者のメッセージも
ここにあるような気がする。

 

・少しうがった見方をすると
「二人は人類の移住先に旅立った」のだとも読めるようだ。

おじいさんが「西の塔を上を目指せ」と命じたのは、
そこに希望があることを知っていたからではないか。

人類が滅亡した戦争からどれくらいの時間がたっているのか不明だが
武器の残骸があるのにも関わらず「死体」が見当たらない。
大部分の人類は地球外に出たということではないだろうか。
(唯一、最後の場面で海のほとりに人骨らしきものが見えるが)

さらに細かく読むと、ロケット基地に残されたメモに
「方舟計画中止に伴う○○計画 3/28予定」とか
「火星基地通信途絶、○○予想、○○中止」等と書かれている。

これは、人類を移住させる「方舟計画」は失敗したが
その代替案が練られていたこと、
少なくとも火星までは人類はたどり着いていたこと、
を示しているのだろう。

ロケットの側面に「外太陽系○○」と書かれており
略称が「OSSP」とあるので、
「外太陽系惑星 Outer Solar System Planet」の探査機だった
可能性もある。

「古代人」の文明レベルは現代の我々を少し超えるレベルだと思われるが
古代人が神と崇めたヌコ達は、人類をはるかに上回る文明を持っており
彼らとの接触で、宇宙への渡航技術が飛躍的に向上した可能性もありそうだ。

塔の最上部にあった「黒い石」が、何らかの起動装置だった可能性もある。


ただ、これらはすべて可能性の話で、明示的な描写はない。ちょっと飛躍している感じがするし、やはり「二人の旅は終わった」とする解釈の方がすっきりする。

 

マンガというのは小説以上に、伏線を隠しやすいし、
その分多様な解釈を許す面白さがあると感じた。

 

嘘が見える僕は、素直な君に恋をした

「嘘」をキーにしたライトな恋愛小説でした。 切ない恋で泣かせながら、主人公の成長を描く。軽く読める本ですが、なかなか考えさせられます。

 

 【作者】

 桜井美奈

 

【あらすじ・概要】

 「好きになった人」の嘘が見えてしまう藤倉聖は、人と親しくなるのを避け、自分の世界に閉じこもっていた。純粋で素直な転校生の晴夏がクラスに入り、最初はかかわりを避けていた聖も、徐々に魅かれていく。

 晴夏や晴夏を大事に思う友人たちに支えられ、少しずつ世界とのつながりを取り戻していく聖は、やがて晴夏の「嘘」が見えるようになってしまう。

 

【感想・考察】

 「嘘が見える」から「嘘が嫌いになる」というのは短絡的すぎるだと思う。別に特殊能力はなくても人の嘘は見えるものだし、それをどう受け止めるかは、受け取る側の人格による。
 例えば「誰かを守る為の自己犠牲的な嘘は美しい」と感じる人もいるだろうし、どういう状況でも「真実でぶつかることが誠実」だと考える人もいるだろう。

 「自分に対して誠実であること」と「他人に対して優しくあること」を両立させるのが大事だと思う。嘘に逃げる弱さを理解しながら、真実に真摯に向かうこと。難しいけれど。

 

 

 

最後の将軍 徳川慶喜

 徳川幕府最後の将軍として有名な徳川慶喜の話です。

 司馬遼太郎氏は史実をベースにしながら、人物のキャラクタを作中で練り上げていくスタイルですが、「徳川慶喜」については最後まで掴みどころがない感じがあったのではないでしょうか。

 時代の流れに巻き込まれながら、したたかに生き、結果的には近代的な日本の創生に貢献した人で、私自身はかなり好きになりました。

 

【作者】

 司馬遼太郎

 

【あらすじ・概要】

 水戸徳川家に生まれた徳川慶喜は、嫡流からは遠く、幕府も水戸の徳川家を危険視していたため、将軍となる立ち位置ではなかった。しかし、12代将軍家慶の意向を受け一橋家の世嗣となり、将軍候補となる。

 幕末に諸外国が開国を迫る中「尊王攘夷」派の志士たちは、尊王思想の強い水戸藩の慶喜に期待する。井伊直弼による幕府反対派への粛清の一環で慶喜も軟禁されるが、桜田門外の変で井伊が殺され、慶喜は解放される。

 その後、13代家定、14代家茂将軍の後見として政治に関わり始める。尊王攘夷派は慶喜に外国との闘いを期待したが、彼我の圧倒的戦力差を認識する慶喜は開戦を避け続けていた。

 慶喜は当時のドイツのような、諸侯連合体制が適切であり、その中で実務的に政権運営能力がある徳川家がリードしていくのが実際的だと考えていた。

 14代将軍の家茂の死後、幕閣は慶喜が将軍となることを推した。趨勢が見えていた慶喜は「火中の栗を拾う」ことを望まず固辞するが、最終的には将軍となる。

 「大政奉還」の申し出を受けた慶喜は、現行体制の危うさを知っていたため、これを受ける。その後薩長から挑発を受け、一部の兵の暴走もあり、戊辰戦争として朝廷と闘うことになる。朝敵となることを恐れた慶喜は江戸に逃れ、徳川家の家督も養子に渡した。

 その後は新政府に恭順とする姿勢を崩さず、政治に関与することもなく、大正時代、77歳まで生きる。

 

【感想・考察】

 多才で器用で頭の回転が速く、情勢を見通す力があった。一方、人を信じることができず、自分で抱え込みすぎ、周囲を巻き込むことができない。権力欲は弱く、自分の趣味に没頭するタイプ。

 こういう人がこの時代に出てきたことで、江戸幕府から明治政府へのスムーズな引継ぎが行われた。内戦を避けたことで諸外国の干渉も回避し、国家として独立を保ったまま新体制へ移行することができた。

 結果論なのだとは思うが、慶喜の判断と行動は当時の日本国家にとって、少なくとも短期的には、メリットが大きく多大な貢献をしたと言えるのだろう。

 

 

また、同じ夢を見ていた

 「私の幸せはだれのものとも違う」「人生とは自分で書いた物語だ。自分次第でハッピーエンドに書き換えられる」というセリフが沁みます。

  この作者の作品では「君の膵臓をたべたい」も良かったのですが、こちらの話も大好きです。

 

【作者】 

 住野よる

 

【あらすじ・概要】

  少し賢い小学生の小柳奈ノ花にはクラスメートが馬鹿に見え、上手な絵を描くのにそれを恥じる桐生くんをもどかしく感じていた。 

 

 奈ノ花に学校での友達は少ないが、しっぽのちぎれた猫、小説を書く高校生の「南さん」、季節を売る仕事をしている「アバズレさん」、お菓子作りが上手な「おばあさん」たちの友達がいる。

 学校で「あなたにとっての幸せとは何か」という課題を出され、友達にヒントを求めていく。

 

 南さんは自分を肯定できずリストカットを繰り返している。自分の書く小説を書来を卑下するが、奈ノ花は南さんの小説を読み深い感銘を受ける。

 奈ノ花が授業参観に来られなくなった両親と喧嘩したとき、南さんは「喧嘩をするのはいいが、とにかく必ず仲直りをしてくれ」と必死にお願いをする。奈ノ花は南さんの思いを受け入れ、両親と仲直りをする。

 南さんの見つけた幸せは「幸せとは自分がここにいてもいいと認めてもらうこと」

 

 アバズレさんは、奈ノ花が猫を拾ったときに助けてくれ、奈ノ花と友達になった。頭がよくオセロも強いが、人生は苦いものだと思っている。

 クラスメートの桐生くんが不登校になり、奈ノ花もクラスでの人間関係に苦しんでいるとき、「他の人もちゃんと考えている、相手の立場になってしてほしいともうことをすればいい」というアドバイスを与える。

 アバズレさんの見つけた幸せは「幸せとは誰かのことを真剣に考えられること」

 

 おばあさんは、いつも優しく、おいしいお菓子を作り、奈ノ花と会えたことは「贈り物だ」と喜ぶ。

 おばあさんが見つけた幸せは「幸せとは、今私は幸せだ、と言えること」

 

【感想・考察】

 とても暖かい話。前半は小学生少女の初々しい視点が面白く、謎が仕掛けられる中盤からは一気に引き込まれる。傑作。