64(ロクヨン)上・下巻

【作者】

 横山 秀夫

 

【あらすじ・概要】

 バリバリの刑事だった主人公が警務部の広報官となり、刑事部と警務部、警視庁と現地の警察署の権力争いに翻弄されつつ、自らの職業倫理や家族との関係を見つめ直していくストーリー。

 醜形妄想に蝕まれた主人公の娘の家でと、14年前の昭和64年に発生した未解決の誘拐事件(符丁としてロクヨンと呼ばれる)、そして新たに発生したロクヨンを模した誘拐事件が重なり合っていく。

 

【感想・考察】

 導入部では主人公の娘の失踪事件がメインになるのかと思ったが、中心は警察署内の権力闘争を描く部分だった。

 警察には本当にここまで強烈な派閥争いや権力闘争があるのか分からないが、20万人を超える巨大な組織であり、危険に接することもある軍隊にも似た組織な分、明確な命令系統の存在があり、権力が強大になるのかもしれない。デフォルメされている部分もあるとは思うが、平和な民間企業で働いていると実感としては伝わらず、感情移入できなかった。

 ただ、主人公が今の職業への取り組みで覚悟を決め、警察広報部とマスコミ記者クラブの間に信頼を取り戻すシーンには深い感銘を受けた。

 複数の事件が起こり、多数の登場人物があるのにも関わらず、すっきりと頭に入る分かりやすい文章だったが、ミステリとしてひねりがあるわけではなかった。

 評価の高い作品ではあったが、読む人を選ぶ作品かもしれない。権力闘争などの人間ドラマを見るのが好きな人には会う先品だと思うが、事件解決のスッキリ感を味わいたいミステリ好きには合わないかもしれない。 

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

【作者】

 佐々木 典士

 

【あらすじ・概要】

 ミニマリストとして情報発信している 佐々木氏の著作。幅広い見方からミニマリスト的な生き方を推奨している。

 モノを溜め込んでしまうのは、人がモノに飽きるから。人は絶対値ではなく差を認識するので、欲しかったモノに囲まれていても昨日と同じであれば飽きてしまう。また、人は周囲の人から認められることを渇望しているが、内面を伝えるのは難しく、モノの持ち方で、センスや財力を表現しようとしているところもあると述べる。

 一方で人のハードウェアとしての処理能力は数万年に渡って大きな変化はなく、モノに囲まれ、情報が溢れている現代で人はオーバーフローを起こしているという見方をしている。使っていないモノからも常にメッセージが発っせられている。脳のメモリを極力フリーにしていくべき。未来に備えるのでもなく、過去の思い出にすがるのでもなく、今を生きることに集中する。

 人の目線で手に入れたモノ、必要ではなく欲しいから手に入れたモノ、使っていないけど捨てにくいモノを手放していくことで、身軽になり自尊心を回復することができる、と単なる生活の仕方ではなく、生き方としてのミニマリズムを提唱している。

 

【感想・考察】

 ミニマリストと言われる人には、所有するものの数は少なくても、持っているモノに対するこだわりは大きい人も多いように感じる。モノを持ちすぎる人もミニマリストもある意味、モノに執着しているのかもしれない。モノを減らして日常を身軽にしたいという考えには単純に賛成だし、余計なものを持たず身軽に生きることには憧れる。

 思ったよりも良い本だった。

 

 

この国のかたち(3)

【作者】

 司馬 遼太郎

 

【あらすじ・概要】

  明治開国後、それまで西洋文化を吸収してきたオランダから、重点が急遽移ったこと、社(しゃ)という共同体の原型が今日まで生き続けていること、七福神はほとんどが外国生まれの神であること、明治後初めての官立学校である東京帝国大学の生徒の報国の精神など、前巻までと同じく幅広い内容に触れた歴史考察の本。福沢諭吉の脱亜論では、脱亜入欧の勢いがあまり、中国や韓国の主権を軽視する内容で今日にも遺恨を残していることも初めて知り得た。

 

【感想・考察】

 特に興味をそそられたのは、秀吉の変節についてだった。

 信長の臣下として活躍していていた頃や、信長の遺志を継ぎ国内の対立相手と戦い統一を果たした時期は、気遣いの厚さや、明るい人格が周囲を魅了していたと言われる。また、信長が手がけてた施策を次々と実施徹底させ、封建的な統治方法を廃し、農業でも商工業で極力直接支配していった手腕はとても鮮やかだった。

 ただ、日本国内に敵がなくなり、権力の頂点に立った後の秀吉には、熟しすぎて腐ったような気分の悪さを感じる。派手好きが暴走し悪趣味と思われるような文物を残し、国内統一の時の精緻さとはかけ離れた安易さで、大した意味もなく朝鮮に出兵したりと、行動に重みが感じられない。

 出自が高くなかったことが、一方では”這い上がってきた”才覚への自尊心に繋がる一方で、引け目となっていたのかもしれないし、長期にわたって自分を殺してきたものが、蓋がなくなって一気に溢れ出たのかもしれない。

 品格を保って生きるためには、自分を律する強さが必要なのだが、権力の頂点に立つ者が自己を律し続けるのは相当に高い精神性が求められるのだと思う。

 

 

 

君の膵臓をたべたい

【作者】

 住野よる

 

【あらすじ・概要】

 人と交わることを避け、全てを自分の中で完結させようとしていた男子高校生である主人公が、女子クラスメートの”共病文庫”を読み、彼女が膵臓を病み余命が長くないことを知ってしまう。「人との関わりこそが生きることだ」と言う自分と正反対の彼女に振り回されながら、徐々に距離を縮め人と関わりを持つことの意味を考えていく。

 思いがけない別れを経て、彼女の残した”共病文庫”に描かれた”遺書”を読み、彼女も人との関わりの中でしか自分の存在を見出せないことに苦しみ、主人公の対照的な生き方に敬意を抱き多くを学んでいたことを知る。

 彼女の思いを受け取り、人との関わりを持つことを諦めずに粘り強く進めていく主人公は、徹底的に嫌われていた彼女の親友と友達になって、彼女の墓参りを果たす。

 

【感想・考察】

 最初はまどろっこしい文体だと思ったが、中盤以降ストーリーに飲み込まれ一気に読了した。

 彼女の死は予定されながら唐突で、命の不確実性とそれゆえ時間はかけがえのないものであることがくっきり書き出されていた。

 また彼女の遺書を見るまでの主人公は【相手が自分をどう見ているか】を想像し自己完結していたので、名前は出されず【相手にとっての自分の相対的位置】を自分の名前としていた。一方で主人公は相手を名前で呼ばず、自分にとっての彼女の位置づけを完結できなかった、完結させたくなかったことが察せられる。

 タイトルの”君の膵臓がたべたい” というのはちょっと猟奇的で、どういう文脈で語られるのか興味をそそるフックとなった。彼女がホルモンやモツなどの内臓肉が好きというところはちょっと笑わせるが、中盤から終盤の両者の思いのシンクロには鳥肌が立つ。周りの人に優しくしたくなる話だった。

 

 

 

 

またやぶけの夕焼け

【作者】

 高野 秀行

 

【あらすじ・概要】

  昭和40年代頃の少年の日常を描いた作品。一学年上の”カッチャン” を中心に集まったカッチャン軍団が、八王子を舞台に冒険を重ねていく。ドブ川の源泉まで歩いて見たり、ミヤマクワガタ取りや野球で盛り上がったり、手作り感溢れるゴルフ場を作って遊んだり、時には少女漫画を読んで結婚や恋愛に興味を持ってみたり、現代よりも大分おおらかな時代を感じられる話。”カッチャン”が小学校6年に進級し、徐々に”軍団”が失われていく中で、限りある少年の日々の美しさを鮮やかに書き出した本だった。

 

【感想・考察】

  まだゲームなどが入り込んでくる前で、少年たちが近所で集まって、何だか分からないけれど、とても楽しかった少年の日々を思い出した。自分の少年時代よりは前の話だが、意味のないことが無性に楽しくて夢中になっていた時代の匂いを感じることができた。線路を歩くシーンなどでは和製 Stand By Me の様な雰囲気もあったが、日本に生きた自分にはこちらの方がダイレクトに伝わってきた。

 最後は戻らない時間を思い切なくなり、ただ楽しかった時代を思い出し暖かい気持ちにもなった。

 

 

黒猫の小夜曲

【作者】

 知念 実希人

 

【あらすじ・概要】

 ”優しい死神の飼い方” に続く死神シリーズ。前作の主人公である”レオ”と同僚の”高次な霊的存在” である道案内役が、猫の”クロ”となって未練を残して死んだ人々の魂を導いていく。

 死に際の”記憶をなくした” 地縛霊が、昏睡状態にある女性の体に入り込み、クロの仕事を助けながら、自らの記憶を取り戻そうとするところから話は始まる。

最初の章ではうまく心を通わすことができなかった老夫婦を救う話から入り、捜査途中で未練を残して世を去った刑事の話から、主人公たちを巻き込んだ事件の全貌が徐々に見えてくる。

 

【感想・考察】

 前作と比べて、ミステリー色が濃いが、主人公たちの交流が優しく描かれ、同じように心があたたくなる作品。登場人物がそれぞれ誠実に生き、自分以外の誰かを心から大切に思う姿がとても美しい。前作の死神”レオ”も、今作の”クロ”も 最初は”感情という不合理なものに振り回される理解不能な生き物” と人間を見ていたが、不合理で儚い人間に惹かれていくが、同時に読者としても改めて人間に惹かれている。

 良作だと思う。

 

この国のかたち(2)

【作者】

 司馬 遼太郎

 

【あらすじ・概要】

 全巻と同じく、歴史上の考察をいくつかの切り口から、作者自身の圧倒的な知識量と考察力から解説していく本。

 まず印象に残ったのは天領と藩領の話。幕府直轄領である天領は、ほとんどの藩領よりは税率が低かった。中央集権的な大勢でありながら、実態として特に軍事力などの面では地方の諸藩に力があったという見方。天領の住民の財政的余裕が濃厚な文化を醸成してきただろうということや、その後の日本の行政体制にも影響しているだろうことが述べられている。

 また、婚姻に関する話として、儒教の影響が圧倒的に強い韓国では同性婚が厳しく禁じられていて、中国でもやや緩やかではあるが同様。中国の唐代に日本で大宝律令が編まれたが、道教や宦官の制度は導入されず、同性不婚も入れられなかった。似たような文化圏ではあるが、結婚一つ取っても違いがあるという話。

 さらに13世紀ごろの文章語の話。日本の文章語は詩歌の分野から発達し始めたが、論理的な文章を書くのには適さず、公文書には漢文が使われていた。親鸞の「歎異抄」が明晰な文章の例としてあげられていた。

 

【感想・考察】

 小説でもエッセイでも同様だが、この作者が ”話はそれるが” や ”本筋から外れるが” などと言って触れる雑学がどれも面白い。雑多な話をばらばらにしているようだが、多くの著作や雑記に触れることで作者の歴史への見方が徐々に浸透してくる。歴史をもっと学びたいと思わせる本。