Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

科学哲学への招待

 「科学」が辿ってきた歴史と、今日的な課題について説く本です。内容が凝縮されていて濃すぎる感じがあるので、関連分野の本を読みもう少し学んでみたいと思いました。科学を学ぼうとする人、技術に携わる人は読んでおくべき本なのではないでしょうか。

 

【作者】

 野家啓一

 

【あらすじ・概要】

 

・科学の歴史

 

 古代ギリシアのアリストテレス的世界観が長く維持されてきた。そのセントラルドグマは「天上と地上の区別」「天球の存在」「天体の円運動」にあった。

 

 中世に入りキリスト教的世界観が西欧を支配していたが、12世紀にイスラム世界からギリシア的世界観が再輸入され、科学の進化が起こった。

 コペルニクスは「天体の円運動」を精密化するなかで「地動説」にたどり着き、天球の存在を否定した。

 ガリレオは「実験と論証」を用い、自然を数学化していった。

 ニュートンは、天体と地上の運動に共通する「万有引力」を見出し、天上と地上の区別をなくした。

 デカルトは「物心二元論」を唱え、機械論的な自然観を提示した。

 

 19世紀半ばに入り「科学者」という言葉が生まれ、大学などの高等教育機関で科学が学ばれるようになった。学会の存在や同僚評価による論文の水準維持など現在につながる仕組みが出来上がる。

 ギリシアの時代から「科学」は高尚な物であり、「技術」は野卑な物という認識が一般で、科学と技術は対極的に捉えられていたが、この時期から融合し始める。

 日本に「科学」が輸入された時には「技術」とセットで捉えられていた。

 

 20世紀初頭の世界大戦を通じて、科学を利用した技術が戦争兵器などに使われ始めたことで、国家や大企業が後押しする科学プロジェクトが興り、科学と技術の融合が進んだ。

 

 

・科学哲学

 

 論証による「演繹法」は厳密だが発展性がなく、実験観察による「帰納法」は新しい法則を見出すことができるが厳密ではなく傾向の抽出にとどまる。

 両者の良いところを活かす「仮説的演繹法」が科学の方法として主流になる。

(問題発見→仮説→論証による演繹→実験による検証もしくは反証)

 

 ポパーは、検証はどこまで行っても確率論に過ぎないので、事実と一致しない反証をもって仮説を放棄し次に進む「反証主義」を元に、進化論的アプローチを取り入れた「批判的合理主義」を提唱する。自由に批判しあえる民主主義的な体制を基礎としている。

 クーンはパラダイム論を唱え、科学は直線的に進化するのではなく、時期ごとに中心となる「パラダイム」があり、それが入れ替わっていくと考えた。

 また、クワインは知識は体系として存在し、個別事実への反証だけでは知識体制全体は入れ替らず、徐々に変化していくものだと述べた。

 

・科学社会学

 

 20世紀初頭にマートンは科学者の規範として CUDOSの原則を上げた。

 公有制(Communality)、普遍性(Universality)、無私性(Disinterestedness)、組織的懐疑主義(Organaized Skipticism)

 今日、科学と技術が融合し国家プロジェクト的に扱われる状況では、DOCUSの原則を保つことは難しくなっている。

 リスク管理の視点、専門家以外の判断への介入などが必要となってきている。

 

【感想・考察】

 冒頭の科学についての用語解説が正直退屈でとっつきにくいと感じたが、読み進めるうちに深く引き込まれた。特に科学哲学の部分は濃い内容をざっくりと説明しているので、理解が及ばずもう少し勉強したいと思わせる。

 また科学の与える影響が大規模化・複雑化し、科学の問題を科学者だけで解決できなくなっている中で、どのように倫理基準を定めていくのかは実は緊急の課題であると感じた。

 

【オススメ度】

 ★★★★☆

 

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

 前作で一応関係した、ビブリアシリーズの後日譚です。7歳の娘、扉子は栞子の生き写しのようで、この後どのように成長していくのか気になります。さらに続編が読みたくなりました。

 

【作者】

 三上延

 

【あらすじ・概要】

 栞子と大輔が結婚してから、7年の時が過ぎた2018年。二人はビブリア古書堂の経営を続けていた。

 ある日出張中の大輔が大事にしている本を置き忘れる。栞子は扉子と大輔の本を探しながら、結婚後に起きた本にまつわる出来事を語り聞かせる。

 

・北原白秋「からたちの花 北原白秋童謡集」

 強盗事件を起こし親族から離縁されていた叔父。病床に倒れた父の頼みで、娘は北原白秋の童謡集を叔父のところへ送る。「からたちの花」の歌を送った父は娘に何を伝えようとしたのか。

 

・「俺と母さんの思い出の本」

 英才教育を受けた男は両親の期待を裏切り、絵師としてラノベの挿絵などを描くことで大成したが、若くして病死してしまった。

 男が亡くなる直前、母に「お母さんとの思い出の本が見つかった」と言っていたことから、思い出の本探しを栞子たちに依頼してきた。

 男の妻は、コスプレイベントでの出会いなど亡き夫との思い出を語るが、「母との思い出の本」には心当たりがない。

 

・佐々木丸美「雪の断章」

 栞子たちと親しい女子高生の奈緒は、ホームレスのせどり志田を先生と敬していたが、ある時急にいなくなってしまう。奈緒は志田と親しいという男子高校生紺野と一緒に彼を探し始めるが、徐々に紺野の言動に違和感を感じていく。

 

・内田百聞「王様の背中」

 栞子たちと因縁のある古書店主が、ビブリアで査定されている最中の古書に価値のあるものを見つけ、だまし取ろうとする。 

 

 

【感想・考察】

 古書が人の手を渡り受け継がれていくことで、本自体が物語を持つ。栞子も扉子も「本好きで人間関係が苦手」と描写されているが、古書を媒介とした「人と人との物語」には人並みならぬ関心があり、決して人間嫌いではない。

 栞子自身も「本を愛する古書店員」としての物語を、母の智恵子から娘の扉子へ受け継いで行く。

 作者は「受け継がれる物語」を愛しているのだな、と感じた。

 

 自分自身は紙の本を手にすることがほぼなくなっている。ビブリアシリーズを読むと、紙の本離れを寂しく感じることもあるが、データであっても昔読んだ本を見ると「その本を読んだ時期の出来事や情景」が浮かんでくる。

 そのうち、ビブリアシリーズでも電子書籍にまつわる話が出てきたら面白い。

 

【オススメ度】

 ★★★☆☆

 

マンガでわかる! 情報整理術〈超入門〉

 マンガで情報整理について説明する本です。「超入門」とある通り初歩的な内容ですが、マンガで図解されるので、具体的な活かし方がイメージしやすいです。

 

【作者】

 岡野純

 

【あらすじ・概要】

 IT企業で働くジュンが、奥さんのモモや子供たちからの助言を得て、業務を改善していくストーリー。

 

・情報は一か所に集める

 メールの振り分けなどで入口を分けるのではなく、インボックス一つに集中し見逃しを回避する。

 

・インボックスから要らないものを捨てる

 まずは不要なもの(何のタスクも含まず、記録的価値もない)を捨てる。

 

・インボックスから移動させる前にタスクを抜き出す

 タスクを含むものは、ToDoとして別の場所にまとめる。

 

・定期的にインボックスをからにする

 ため込むと処理が追い付かなくなる。できれば毎日。

 

・メール以外の情報も整理

 紙のメモや口頭での連絡も同じ考え方で整理する

 

・覚えておくのをやめる

 「情報は忘れる」という前提でメモを取る。

 

・メモを取りやすい環境を作る

 携帯しやすいメモ帳や、スマホなどを活用しメモを取る環境を整える。

 

・紙の電子化

 原紙を取っておく必要がないものはデータ化して整理。

 

・情報整理のステップはタイミングを分ける

 インボックス整理と紙のスキャニングなど、混ぜずに一つずつ取り組む。

 

・分類しない

 電子データの場合フォルダ整理では探しにくい。複数のカテゴリに入る情報もあるので、タグ付けと時系列での検索を活用し、分類しての整理はしない。

 

・最新バージョンの管理

 情報を分類せず一つのフォルダで最新バージョンだけを扱う。

 

・持ち物は最小限で共有する

 データを自分で持ち歩かず、クラウドなどで共有しておけば、タスクの中で自分がネックとなる可能性が減る。

 

 

【感想・考察】

 物理的な書類などをフォルダ管理するように、データもフォルダ分けするほうが直観的には分かりやすい。

 しかし、物理的な制限を取り払って考えると、「複数の属性を持つ情報の扱い」や「最新バージョン管理」のためには、情報へのタグ付け管理の方が優れている。

 人間が物理的な肉体を持っているうちは、現物を分類整理することはなくならないのだろうが、少なくとも情報の扱い方は合理的にしていくべきなのだろう。

 Twitter Native となるようば世代は、直観的にタグ分類ができるのだろうか。

 

【オススメ度】

 ★★★☆☆

 

 

グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行

 世界の「開け口」を探している女子高生が、世界の切れ目は至る処にあると気が付く話です。短いのでサクッと読めます。

 

【作者】

 高野史緒

 

【あらすじ・概要】

 女子高生の夏紀は、子供の頃飛行船を見た記憶を持っている。だがその時見た飛行船が日本に訪れたのは グラーフ・ツェッペリン20世紀初頭で、夏紀が見ているはずはなかった。 

 夏紀の従兄である登志夫は、夏紀の母、祖母も、また別の時期に グラーフ・ツェッペリンを見たと語っていることから、単なる記憶違いではないと考える。

 夏紀と登志夫は自作の量子コンピュータを利用したVRシミュレータを使い、飛行船の記憶を追いかける。

 

【感想・考察】

 多元宇宙論的に、全ての可能性を果たした世界があるとして、異なる因果の流れが重なり合うさまを表現している。VR機器を介し、自分の世界と他にありえた世界が重なり合う様子はダイナミック。

 面白い切り口の作品だと思うが、普段の世界認識と違いすぎる情景なので、作品世界に入り込むことができなかった。

 

【オススメ度】

 ★☆☆☆☆

 

独立記念日

 女性の「独立」を描く24の短編集です。原田マハの作品は狙いすましたように感情を揺さぶってきます。「ここで泣かせたるで!」というところに、まんまとはまります。

 

【作者】

 原田マハ

 

【あらすじ・概要】

 親元を離れおしゃれな街で一人暮らしをしたいOL、死別した夫の記憶を乗り越え、新たな人生を開こうとする女性、母親とのわだかまりを溶かしていくバーテンダーなど、それぞれの女性が自分の過去やわだかまりから独立しようとする。

 前の話の登場人物の一人が次の話の主人公になるという形で、それぞれの短編はつながっていて、全体として一編の長編小説ともいえる構成になっている。

 

【感想・考察】

 それぞれの女性がそれぞれの独立を描きながら、連作の形で登場人物同士の緩い繋がりを強調する。独立することは決して一人になることではなく、自分を一人の人間として認識する分、関わる人々も独立した人間だと認め、対等な関係を築くことが必要だということなのだろう。

 本書に限らず、原田マハは「感動のさせ方」が上手い。

「押しつけがましくない献身の美しさ」、「苦しいときに寄り添ってくれる人のありがたさ」、「自分の行動に責任を持ってやりきる決意の清々しさ」等、感情を揺さぶる方程式を持っているようだ。

 

【オススメ度】

 ★★★☆☆

静かな月夜の不確かなこと

 「青い月夜の特別なこと「月なき夜の幸せなこと」の続編となる「青い月夜」シリーズの3作品目です。

 独特で不思議な、でもなぜか強烈なリアリティーを持った世界観に魅了されているので、続編が出たのは嬉しいです。かなり独特な世界なので、前作から続けて読まないと理解できないかもしれません。シリーズ初めから読むことをお勧めします。

 

【作者】

 赤井五郎

 

【あらすじ・概要】

 前作で、探偵の双一郎が罠にはめられた後の話。大きな痛手を負った双一郎は隠匿を考えていたが、出発の直前に調査の依頼を受ける。貴族の屋敷で働き、盗みを疑われた女中から疑いを晴らして欲しいという依頼だが、完全に施錠された別館で合鍵を持つ女中以外の侵入は不可能と思われた。双一郎は新たに助手として働くティティアの助けを借りながら謎を解いていく。

 

【感想・考察】

 ミステリ作品として読むと、密室の謎はトリックが特殊すぎて微妙だったが、読者の視点を欺く叙述トリック的な仕掛けの方は驚くほど鮮やかだ。前作でも絶妙なミスリードに騙されたし、本作でも常に双一郎の手を引くティティアのイメージに騙された。

 私としてはミステリ要素以上に、作り込まれた独特の世界観に魅力を感じる。架空の世界ではあるが、そこにいる虫たちや、虫を加工する技術、そこにすむ人々の生活などが、ちょっと偏執的なくらいに書き込まれていて、シリーズを通して読むうちに圧倒的な映像イメージを伴って感じられるようになってくる。そして、どこか寂しく切ない「青い月」に照らされた夜のような世界の雰囲気に飲み込まれてしまう。

 双一郎たちを描くのではなくても、この世界をベースにした物語をまた読めれば嬉しい。

 

【オススメ度】

 ★★★★☆

 

バリバリウケる!ジャパングリッシュ 「ペーパードライバー」は英語じゃない!

 日本の大学で「外来語」を研究しているアメリカ人の本です。

私が英語で話す相手は「ジャパングリッシュ」に馴染んでいる人ばかりなので、「和製英語」も理解してくれますが、やっぱりちゃんと区別しておきたいと思い、本書を手に取ってみました。(ダウンロードしました、ですね)

 

【作者】

 アン・クレシーニ

 

【あらすじ・概要】

 日本人が使うカタカナ英語で、ネイティブは使わないもの、違う意味で使うものを解説する。いくつかの例を紹介する。

 

・ペーパードライバー

 特にアメリカでは IDカードがあり、身分証明代わりに免許を持つことがはない。ペーパードライバーの観念自体を理解できないよう。 Who has driver's license but never drives. みたいに説明しないと伝わらない。

 

・スキンシップ

 完全な和製英語。 Bonding とか Phisycal Intimacy、 Phisycal Contact などが同様の意味を表す。 Phisycal Intimacy は「肉体関係」的なニュアンスもあるので、Bonding が一番無難だとしている。

 

・○○アップ

 「何かが上がる」ときの アップ は、そのまま英語で使うことは少ない。

 給料のベースアップは、Base Salary Increase、 to get pay raise などの表現。

 顔のリフトアップは、Lift だけで上げる意味がある。

 スキルアップ、レベルアップ などは Improved が一般的。

 RPGなどでの レベルアップはそのまま通じるらしい。

 バージョンアップは Upgrade 。

 

・バイキング

 食べ放題のレストランをバイキングとは言わない。英国英語では Buffet で通じることも多いが、本来は立食形式のことをいうので完全には当てはまらない。

 All You  Can Eat Style といえば完全に伝わる。

 

・ハンドル(自動車の)

 これは Steering Wheel 。車関係では フロントガラスは Windshield、ウインカーは Blinker か Turn Signal など。

 

・マイ○○

 私の○○ という意味で my を使うとニュアンスが通じない。

 マイカーは My Own Car だし、マイペース は Take My Time。

 

 

【感想・考察】

 語りかけるような文体なので、単純にリスト形式で説明されるよりは頭に残る。

 内容は初歩的で和製英語であることを認識しいているものがほとんどだが、それを適切に言い換える英語を知るのには役立った。

 

【オススメ度】

 ★★☆☆☆