毎日一冊! Kennie の読書日記

面白い本をガンガン紹介していきます!!

インデックス 警部補 姫川玲子

ブルーマーダー」 に続く

姫川玲子シリーズ7作目です。

 

今回は短編集です。

じっくりと書かれる長編も良いのですが

誉田さんの作品は短編もいいですね。

ちょっと不気味さとかやるせなさを感じる話も

短くサクッと落としてくれるので気持ちがいい。

 

解散した「姫川班」が徐々に再結成される様子も

描かれていて、先が楽しみなる展開でした。

 

 

【タイトル】

インデックス 警部補 姫川玲子

 

【作者】

誉田哲也

 

【あらすじ・概要】

ブルーマーダー事件の後、 

姫川玲子が池袋署から捜査一課に戻るまでの

いくつかの事件や挿話を8つの短編にしている。

 

アンダーカヴァー

硝子食器の卸問屋社長が自殺した。

商品を横流しする取込詐欺にあっていたことが分かり

玲子は古物商やディスカウント店のバイヤーに

調査の網を広げる。

 

逮捕された主犯格の男は

「欲望に理由は要らない、子供のゲームと同じ。

人生をかけて金を稼ぐゲームをしているだけ」という。

 

女の敵

玲子の捜査一課配属直後、

ストロベリーナイト事件で殉職した大塚刑事と

出会った時の出会いの話。

 

マンションの一室で男が合成麻薬により死んでいた。

大塚は男の死亡推定時刻前後に近くのコンビニで

車にぶつけられた女性に目を付け聞き込みを行うが

彼女は玲子を見ておびえた様子を見せた。 

 

彼女がいたカフェ

大学生時代の玲子が書店併設のカフェで

勉強していた頃の話。

カフェ店員の視点から玲子の初々しい姿を描く。

 

インデックス

ブルーマーダー事件の後日談。

 

玲子たちは余罪確認のため、

同時期に行方不明になった人を調査していた。

行方不明になった暴力団組長の関係者に話を聞き

その人物像から、玲子にはブルーマーダーの犯人が

ターゲットとしたとは思えなかった。

 

お裾分け

地主の資産かが自宅で刺殺された。

被害者は自宅に多額の現金を置いていることを

スナックで吹聴していたため、

そこで話を聞いた客やその関係者が疑われていた。

 

玲子は被害者から土地を借りていた借地人や

地域の不動産業者に話を聞き、

被害者はかなり強欲な地主で悪評が立っていたことを知る。

 

落としの玲子

玲子の捜査一課への復帰が決まり

人事について玲子と上司の今泉が居酒屋で話している。

その席で今泉は、前話の事件の取り調べで

玲子の厳し過ぎる追い込みに苦言を呈したが

玲子から手痛い反撃を受けてしまう。

 

夢の中

日中の繁華街で刃物を持った男による

殺傷事件が発生した。

犯人は確保されたが自殺を試み意識不明となった。

 

目撃証言から、犯人のターゲットは

重傷を負った女性だったことが分かる。

玲子たちは彼女の周辺を調べ、

彼女には就学歴のない私生児がいたことが分かった。

 

闇の色

前話の続き。 

玲子たちは被害者女性とその私生児が

十数年前まで住んでいた家を訪れ重大な発見をする。

その後、意識を取り戻した犯人に

玲子は意外な言葉を投げかけた。

 

 

【感想・考察】

 アンダーカヴァーの犯人が怖い。

 

誉田哲也さんは様々な犯罪者の類型を描いている。

ストロベリーナイトの犯人の様な倒錯した人間や

守りたい人のため罪を犯してしまう人間や

自己防衛と私欲にまみれた官僚や

正義感から殺人を重ねる人間など。

 

ただ、アンダーカヴァーの犯人 吉田勝也は

怒りや不足や愛情や正義があるわけではなく

「欲望に理由は要らない」として

ゲームのスコアを競う子供のように

金を稼ぐこと自体を楽しんで、違法であっても気にしない。

 

この男が犯したのは直接的には盗品売買という

経済犯罪でだけで、

他の話にある連続殺人のような凄惨さはないが

それでも不気味に感じてしまう。

 

「目的や理由の見えない行為」が

人を不安にさせるのかもしれない。

犯罪報道で必死に理由を探すのも理解できる。

 

よくよく考えれば自分の行動も

それほど合理的ではないし、

常に理由付けできるわけではない。

自分自身も理性で制御できなくなることの恐れが

不気味さの原因なのだろうか。

 

グロくて凄惨な犯罪とは

ちょっと切り口の違う怖さを見せられた。

 

 

 

 

カラット探偵事務所の事件簿 2

「種明かしのない叙述トリック」ですね、

この本だけだと。

 

前作「カラット探偵事務所の事件簿」の後に読むと

最終話が違った見え方になるでしょう。

 前作のオチをみて続編は無いものと思っていたけれど

上手に感動的なまとめ方をしてきてます。

乾くるみさんは仕掛けを作るのが上手いですね。

 

 

【タイトル】

カラット探偵事務所の事件簿 2

 

【作者】

乾くるみ

 

【あらすじ・概要】

謎解き専門の「カラット探偵事務所」で

所長 古谷と 助手 井上が 謎を解く日常系ミステリ。

 

小麦色の誘惑

古谷の従弟である高校生の三郎が

大学生の兄の友人たちと集まって遊んでいてた。

バルコニーで居眠りして気が付くと

腕にハート形の日焼け跡が残っていた。

 

その場にいた女性の誰かからの

メッセージではないかと考えた三郎は

探偵の古谷に推理を依頼する。

 

昇降機の密室

カラット探偵事務所のあるビルで

エレベータ点検があった日、

非常階段から出ることはできても

入ることはできなかったため

階下のデザイン事務所の香村氏が締め出された。

点検が終わるまで探偵事務所にいた香村氏は

自分の事務所に戻ったとき

「あるもの」が亡くなっていることに気づいた。

エレベータ点検中は密室になっていた部屋から

「あるもの」を盗み出したのは誰なのか。

 

車は急に......

井上がパーキングに入ろうとしたところ

目の前で車同士の軽い衝突事故があった。

前の車の男は、後ろの車が追突してきたと言い

後の車の男は、前の車が下がってきたという。

どちらの言葉が真実なのか。

 

幻の深海生物

健康食品会社の社長が、リンク切れの

検索結果にある謎を解いてほしいと依頼する。

 

「脂肪を燃焼させるもの深海にあり。

模様にくせあり釣針にはかからず。

よびなは地域によって曖昧なり」

という文が示すのは深海魚なのか。

ヒントは「沼津」

 

山師の風景画

不動産業を営む栗本氏は、30年以上没交渉だった

弟の訃報を受け、弟が描いた風景画を受け取った。

弟からの財産のありかを示すメッセージではないか

と考えた栗本氏は「カラット探偵事務所」に

調査を依頼する。

 

一子相伝の味

マルチ食堂に伝わる「マルチソース」は

門外不出の秘伝の味だったが

先代が交通事故で急死したため

製法が分からなくなった。

大きな壺に入れられた「隠し味」エキスが

無くなってしまうと、マルチソースは提供できない。

先代か先々代がレシピを残していなかったか

「カラット探偵事務所」に調査が依頼される。

 

つきまとう男

「カラット探偵事務所」の階下にある

「竜宮城」のホステス西田カレンから

ストーカー事件の調査を依頼される。

 

「竜宮城」で客に渡しているプレゼントが

カレンの自宅の郵便受けに入れられていた。

客のうちの2人にまで容疑は絞られ

古谷と井上が個別に尾行調査をすることになった。

 

 

【感想・考察】

乾くるみさんは仕掛け作りが上手い。

 

「ある事実を知って読んでいるか

知らずに読んでいるか」で

見えてくる情景が全く異なるという仕掛けだ。

 

「イニシエーション・ラブ」では

最後の数行で見えていた景色をひっくり返したし

今回は「前作を読んでいるかどうか」で

受け止め方が全く変わってくる。

 

シリーズ物は最初から読むのが普通だが

こちらを先に読んでから前作を読んでも

楽しめるかもしれない。

 

 

車輪の下で

前途洋々たる若者が、

徐々に救いのない悲惨さに落ち込んでいく

相当暗い話でした。

 

ストーリー自体は単純ですが

田舎町の自然や、神学校での生活、

ジュース絞りや機械工としての仕事など

繊細な情景描写を通して

少年が大人になる時期の鮮やかな感性と

そこから生まれる息苦しさを描いています。

 

 

【タイトル】

車輪の下で

 

【作者】

ヘルマン・ヘッセ

 

【あらすじ・概要】

ハンス・ギーベンラントは秀才だった。

大好きだった釣りも、友達と遊ぶこともやめ

父や校長や牧師たちの期待を受け、勉学に励み、

州試験に第2位の成績で合格し神学校に入学する。

 

合格が決まった休み期間にも、勉強を強要する

校長や牧師たちに、靴屋職人のフレイクは

「子供には休む時間が必要だ」と憤る。

 

ハンスは神学校でも主席を狙って勉学に励むが

寮友の死を経験し、奔放なヘルマン・ハイルナーとの

交流を重ねるうち、勉強に集中することができなくなる。

 

ハイルナーが神学校を脱走した後、

ハンスは精神を病み、退学して田舎に戻っていった。

フレイクの姪エンマと出会い恋に落ちるが

彼女は別れの言葉もなく去り失恋してしまう。

 

やがてハンスは機械工として働き始める。

かつては見下していた仕事ではあったが

モノを作ることの素晴らしさを感じていた。

 

同僚に誘われ、飲んではしゃいだ夜の翌朝、

泥酔したハンスは川に流された死体となって発見される。

 

ハンスの葬式で、フレイクはハンスの父に

「学校がハンスを殺したようなものだ」と言う。

 

 

【感想・考察】

なんとも救いのない話だった。

勤勉さを求める学校が、若者の感受性を潰してしまう。

自然を好み、釣りを楽しんでいた少年が

何も感じられなくなってしまう。

 

心に余裕がなくなると、それまで楽しかったことに

何も感じなくなってしまうことがある。

心には弾力性があって、柔らかさを取り戻すことはできるが

感受性を育てるべき子供時代に

十分な経験をすることができないと

心が硬くなってしまうのかもしれない。

 

たまには自然の中で、ぼーっとする休むことにしよう。

 

 

歴史バトラーつばさ 私立ヒミコ女学園「和風文化研究会」

「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」で

蝉の声が静かなのではなく、

人々が静かになっていたということ??

 

いい加減な設定と軽いノリの学園コメディーですが

割ときっちりと考察された歴史の謎が出てきます。

 

作者の鯨統一郎さんは

邪馬台国はどこですか?」とかでも

歴史の謎への独自解釈を提示していて

つよい歴史愛を感じます。

 

 

【タイトル】

歴史バトラーつばさ 私立ヒミコ女学園「和風文化研究会」

 

【作者】

鯨藤一郎

 

【あらすじ・概要】

ヒミコ女学園の 和風文化研究会 とSOJ(Study of Japan) は

日本文化を扱う部活として競い合っていた。

 

和風研は廃部を逃れるのに必要な最低人数を

集めるため新入生勧誘を行っていたが

SOJは「文化討論会」を仕掛け妨害してくる。

 

「北浦つばさ」の和風研入部も妨害されたが

彼女はその特殊能力でSOJと闘った。

 

千利休ゲーム

北浦つばさの和風研入部をかけた文化討論会が行われる。

 

「千利休が切腹させられたのは何故か?」

 

利休による秀吉の暗殺失敗説や、

お吟を巡る女性問題説も出たが、

SOJは定説の「山門に自分の像を掲げたこと」

を理由に挙げ

「秀吉は利休への敬意ゆえに

名誉ある切腹を命じた」と解釈した。

 

それに対してつばさは

「山門の落成から2年もたっていたことから

山門の像と切腹は直接は関係ない」と考え

「利休との主導権争いに負けそうになった秀吉が

強制終了のため切腹を命じた」と解釈した。

 

秀吉の不興をかった僧侶の送別茶会を

敢えて秀吉の膝元である聚楽第で行ったことや

薩摩の島津氏も秀吉との仲介を依頼するなど

政治的発言力もあったことを傍証としている。

 

政治でも 茶の湯においても

「マウントとりたい」秀吉をいなしながら

精神的に上に立つやり方に「負け」を

感じていたのだろうと読み解いている。

 

 

松尾芭蕉ゲーム

圧倒的知識量を誇る 皇海山キララの入部をかけた文化討論会。

 

お題は「松尾芭蕉は忍者?」

 

忍者の里である伊賀の出身で、

将軍の膝元江戸にしばらく住んだあと、

日本中を旅していた松尾芭蕉は

諜報の任務を負った忍者であったという説がある。

 

SOJは「松尾芭蕉は伊達藩を警戒した徳川幕府が

同行を探るために差し向けたスパイだった」とみる。

 

これに対しつばさは

「伊達藩が諜報の目的だとすると

帰路日本海側を大回りするのは不自然」だとし、

「時期的に徳川幕府が安定していた元禄時代で

伊達藩への警戒が強かったとは思えない」という。

 

そして「地方での動物の扱いを調査する忍者だった」

という説を提示する。

ちょうど「生類憐みの令」が発令され、

生き物が重視されていた時期だったこと。

芭蕉には動物をモチーフにした俳句が多かったことを

傍証として挙げている。

 

 

出雲阿国ゲーム

人の動きを完全に真似る踊り子 生井沢桃香 を巡る争い。

 

「歌舞伎の始祖は女性だったのに、

現代の歌舞伎では男性だけが演じるのは何故か」

 

SOJは「歌舞伎の始祖と言われている女性

出雲阿国 による 阿国歌舞伎と、

現代の歌舞伎は全くの別物」だと解釈した。

 

女性である阿国による歌舞伎は、女郎による

女郎歌舞伎に引き継がれたが、

公序良俗観点から禁止された。

その後は女装の少年が演じる若衆歌舞伎へ

移っていった。

その頃、男性が演じる野郎歌舞伎も発生したが

「踊り主体」の阿国歌舞伎の流れと違い

「芝居主体」で大きく異なるものだったという主張。

 

それに対してつばさは

「そもそも出雲阿国は男性だった」と反論する。

 

 

【感想・考察】

「紫式部と清少納言の子孫同士の争い」

という設定が何の意味もなかったり、

「学校の経営権を巡る株を買い占めゲーム」

が本筋に何の影響もなかったり、

話の展開と無関係に脱ぎだしたり、

まあ全体ストーリーは無茶苦茶。。

 

一方、歴史ミステリの考察部分は

作者の個人的見解の範囲ではあるが

きちんと調べられているし、

独自見解の意外さ、面白さがある。

 

歴史ミステリというのも

面白いジャンルかもしれない。

 

 

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

「夢をかなえるゾウ」の続編です。

今作でガネーシャは貧乏神たちと一緒に

お笑い芸人を目指す男を導いていきます。

 

【タイトル】

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

 

【作者】

水野敬也

 

【あらすじ・概要】

芸人を目指す 西野勤太郎は長らく芽が出ないことに苦しみ

夢を諦めかけていた。

そこに、自分は神様だという ガネーシャが訪れ

コンビで お笑いの一大イベント「ゴッド・オブ・コント」で

優勝を目指そうと言ってきた。

 

ガネーシャを家に連れて帰った西野は

貧乏神の 金無幸子 がいたことにも気づく。

幸子は、夢を目指して会社を辞めるような

無謀さが快適でずっと一緒にいたのだという。

 

ガネーシャと西野のコンビ「ガネちゃん勤ちゃん」は

一次予選を通過し、

のちに西野は、ガネーシャは

神々の世界の「笑いの神様」の座をかけ

人間界で行われている「ゴッド・オブ・コント」を

利用していることをしる。

 

ところが西野は「死神」とコンビを組んでいる

後輩の 松田が死の運命を抱えていて、

死神が優勝し「笑いの神様」とならない限り

松田の死は避けられないことを知る。

 

 

西野は松田を助けるため

「ガネちゃん、勤ちゃん」として優勝することを諦め

松田と死神の「デスマイル」をサポートし始めた。

 

貧乏神の幸子は

「自分が困っているときに人を助けること」は

貧乏を遠ざけてしまうので西野に翻意を促すが

最後には西野の思いを支えようとする。

 

 

【感想・考察】

勢いのあるギャグに紛れた寓話という

スタイルは健在。

芸人を語り手にしている分、

前作よりお笑い要素がだいぶ強いが

「いい話」要素もたっぷり仕込まれていた。

 

ガネーシャ、貧乏神たちの言葉が

巻末にまとめられている。

 

図書館に行く

人の悩みはそれほどオリジナルではない。

本を読めば大抵の悩みの解決法は出されている。

 

人の意見を聞いて、直す

自分に才能がないならそれを強みにすればいい。

人の意見を聞いて直して直しまくる。

 

締め切りをつくる

追い込まれると力を発揮する。

こまかく締め切りを作って追い込む。

 

つらい状況を笑い話にする

失敗したこと、恥ずかしいこと、惨めなことは

できるだけ人に話して笑いにしたらいい。

人目を恐れず、自由に生きることができる。

 

優先順位を決める

人生で何を大事にするかは人それぞれでいい。

自分にとって大事なことは何なのかはっきりさせておく。

 

やりたいことをやる

憧れた場所に飛び込み、思いもよらなかった経験をする。

そこで一番自分に向いていることを発見できれば最高。

 

楽しみを取っておく訓練をする

「楽しみを取っておくとより大きな楽しみとなる」

ことを知っている人は「取っておくこと」を楽しむ。

人は楽しくないことはできない。

 

プレゼントをする

貧乏神は「自分以外の誰かを喜ばせるのが嬉しい」

という感覚を嫌う。

 

自分が困っているときに、困っている人を助ける

「他人の不安を消してあげよう」と思うとき

自分の不安も消える。

 

欲しいものを口に出す

自分の欲求を出して他人とぶつかることを恐れない。

ぶつかりながら双方が喜べる道を見つけることが

成功の秘訣だ。

 

日常生活に楽しみを見出す

お金で買える喜びは人が作ったもの。

人は自分の手で喜びを作ることもできる。

 

 

 

虹の歯ブラシ 上木らいち発散

〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」で登場した

援助交際探偵 上木らいち の物語です。

 

エロミステリの連作短編集と見せかけて

メタ的な仕掛けをぶち込んできています。

 

光をプリズムで分散させるように

角度によって「ハサミ葉桜イニシエーション」的に

姿を変えていく「上木らいち」を楽しむ物語です。 

 

好き嫌いが別れる話だとは思いますが

個人的には がっつりツボにはまりました。

 

 

【タイトル】

虹の歯ブラシ 上木らいち発散

 

【作者】

早坂吝

 

【あらすじ・概要】

上木らいち は、平日の曜日ごとに

固定客を取って援助交際をしている。

曜日ごとに違う7色の歯ブラシを並べていた。

 

 紫は移ろいゆくものの色

らいちの月曜日の客、村崎の秘書が殺された。

 

秘書の死体は上半身裸でカラーコピーに乗せられ

徐々に死斑が出る様子が写されており

犯人は一晩中コピー機の前にいたものと思われた。

 

村崎はらいち の証言で容疑から外れたが、

捜査にあたっている刑事の藍川から話を聞き、

部屋を訪れたときの様子を思い出して、

らいち は村崎の犯行であることを確信する。

 

 

藍は世界中のジーンズを染めている色

火曜日の固定客、刑事の 藍川 と知り合った時の事件。

 

ラブホテルの一室で男の死体が発見された。

監視カメラには部屋から逃げ出した、ゴスロリ姿が

移っていたが顔は隠されていた。

 

藍川はラブホテルで仕事をしていた らいち に

事情聴取をし、彼女の推理を聞いた。

 

 

青は海とマニキュアの色

包丁を研いでいた水曜日の固定客は

漁村Mで起きた事件について書かれた

らいち からのメールを読んでいた。

 

メールによると らいち は、

田舎の漁村M にある宗教団体のような組織に

入り浸ってしまった知り合いの少女に

「母親が心配している」ことを伝えに行った。

 

らいち は組織の神官や信者たちの信頼を得るため

「海の力を与える」という教祖と交わった。

 

ところがその夜、密室で教祖が殺されてしまう。

 

 

緑は推理小説御用達の色

らいち の木曜日の固定客の話。

 

らいちの住むマンションは防犯設備が整い

壁も分厚く防音に優れいてたが

らいちの隣室に住む男は壁を薄く削り盗聴し

鍵交換の業者を装い部屋への侵入を繰り返していた。

ストーカー行為はエスカレートしていき

ついに男は在室中の らいち を襲うことを計画する。

 

らいち の凄まじいプロ意識が垣間見られる。

 

 

黄はお金の匂いの色

金曜日の固定客との話。

 

らいち が通う高校で容姿に自信を持つイケメンが

彼女を口説こうとするが、あっさりと振られる。

プライドを傷つけられたイケメンだが

らいち の言い値を準備して援助交際を持ちかける。

ところが らいち は受け取った紙幣を破り捨ててしまう。

 

らいち は何故紙幣を破ったのか。

金曜日の固定客に「ウミガメのスープ」形式の

YES、NO 問答でを投げかける。

 

 

橙は???の色

10年前の らいち の話。

らいち閉鎖された施設で「先生」の実験台となっていた。

 

 

赤は上木らいち自身の色

らいち自身の話。

光を当てる角度により、らいち は姿を変えていく。

 

 

【感想・考察】

紫の章から橙の章までの各章にひとつずつ

仕掛けが組み込まれていて

最終章で らいち の正体を読み解いていく。

 

バークレーは「毒入りチョコレート事件」で

伏線の拾い方は、恣意的にコントロールできることを

示していた。

本作では、さらに進んで叙述トリックにおいても

伏線の解釈や拾い方は作者次第であることを示した。

 

言葉の曖昧さを利用しながら、

時には厳密な論理性を根拠にしている。

 

伏線の拾い方・解釈によって

らいち は次々をその姿を変えていくが

それぞれ完成度が高いので、

質の良い叙述トリックを連続で味わうような快感があった。

 

相当クセの強い作者だが実に面白い。

 

 

 

フルカミの里

「フルカミ」とは何なのか。

新型狂犬病のパンデミックを防ぐため

古文書の謎を解いていくサスペンス・ミステリです。

 

 

【タイトル】

フルカミの里

 

 

【作者】

水谷悠歩

 

 

【あらすじ・概要】

フリーライターの春日は、友人の鳥山が

水死体で発見された事件に関して

衛生省の萱野から事情を聴取される。

 

鳥山は新種の狂犬病を発症しており

感染源を探るため、亡くなる前の動きを

調査する必要があるとのことだった。

 

亡くなった鳥山は日本古代史の研究をしており、

散逸したいと言われていた「風土記」の一部と

思われる古文書を発見していたことが分かった。

 

古文書に書かれていた、鳥山が赴いたと思われる場所へ

春日と萱野は調査に向かう。

 

二人は地元の保健事務所の谷口に案内され

2世帯3人しか住んでいない山奥の集落に訪れるが

そこで谷口は野犬に噛まれ、新型狂犬病を発症し

亡くなってしまう。

 

衛生省は新型狂犬病の拡大を阻止するため

対策本部を組織する。

春日と萱野も参加し、裏で糸を引く存在と

対決していく。

 

【感想・考察】

民間伝承や地名など、現代に残ったものから

その起源や隠された意図を探っていく古代史というのは

ミステリと親和性が高いのかもしれない。

 

発見された「風土記」はフィクションながら

相当細かく作りこまれていて

知識がないと理解するのが難しかったが

それでも「歴史の謎」を解く楽しさは理解できた。

 

こういうジャンルの本も面白そうだ。

 

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。