Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

あと3ヵ月でどうにかお金を稼ぎたいと思ったらスモールビジネス戦略だ!

【作者】

 中村裕昭

 

【あらすじ・概要】

 スモールビジネスを立ち上げるのに必要な考え方を丁寧に解説している。著者自身がアクセサリショップやプロパンガスのセールスとして失敗した経験や、着物リサイクルや放置自転車処理のビジネスでの成功例を元に具体的なレベルまで説明している。

 

・小銭を稼ぐ方法はいくらでもある

  ポイントサイトでもアルバイトでもネットオークションでも現金は稼げる。「その気になればお金を稼ぐ方法ないくらでもある」という心持ちが大事。

 

・タネ銭を稼ぐ

  どんな方法でもタネ銭を作り出し、それを投資に回す。まずは勉強などの自己投資、広告や商品購入などお金を回していく。

 

・1割預金

 資産を作るためには当初は厳しくても「収入の1割を使わずに投資に回す」

 

・やらないことを明確に

 自分としてはやりたくないことを明確にしておく。「人を雇わない」、「会社は大きくしない」、「忙しくて儲からない仕事はしない」など。

 

・ビジネス選択の基準10のチェックポイント

 ① 売上を出しやすく利益を多く残せるか

 ② 資金の回転スピードは速いか

 ③ リピート性は高いか

 ④ 小資本で立ち上げられるか

 ⑤ 差別化できるか

 ⑥ コントロールできない要素を排除できるか

 ⑦ 人力に頼らず運営できるか

 ⑧ 集客はスムーズに行けるか

 ⑨ 市場規模は十分あるか

 ⑩ ビジネスモデルは確立できるか

 最終的には①に繋がるが、これらのチェックポイントの多くが当てはまらないなら「筋の悪いビジネス」で避けるべき。

 

・人は理屈では動かない

 人が抱く「騙されたくない」、「失敗したくない」、「損をしたくない」という不安はアクションを起こす障害となる。逆に商機にもなりうる。

 

・問題の認識レベルに合わせた売り方がある

 ①無知 「過体重が健康上問題」ということを知らない人には啓蒙活動から。

 ②無関心 「過体重が問題」と認識してても問題視しない人には売りにくい。

 ③問題認識 問題と認識している人には売りやすい。この層に訴える。

 ④痛み 「今すぐなんとかしなければ」という人には即売れる可能性がある。

 

・STP思考

 Segmentation(市場分野を明確にする)

 Targeting(どこをターゲットとするか)

 Positioninh(自分のポジショニングを明確にする)

 「どこの市場のどの顧客に何をどのようにうるか」という戦略。

 

・ビジネスはキャッシュポイントが命

 どこでキャッシュになるか、ポイントが多いと安定する。

 

・ビジネスで大切なのは「何を売るか」ではなく「どう集客するか」

 商材に意識が集中しがちだが、「どう集客するか」が最大のポイント。

 

・マスターすべきスキル

 マーケティング、セールス(コピーライティング)、顧客心理の理解。

「コモディティ性の高い商品であれば近くに高頻度で広告する」、「専門性の高い商品であれば低頻度でも広範囲に広告する」などターゲットにあったマーケティングとセールスが必要。

 

・一気に力をつけるためにはアウトプットを意識する

 特に初期はインプットに偏りがちだが、学んだことを実践し試すことで急速に成長できる。

 

・大部分の人は迷い続けている

 迷いから一歩抜け出して行動をするだけでその他大勢から抜け出せる。

 

【感想・考察】

 STPなどマーケティング理論の講習で習っても表面的な理解となってしまうが、著者自らの経験を元に臨場感を持って解説しているのでよく理解できた。さらに自分自身がビジネスを運営するようになればより深く理解できるのだろうが、まずは知識として知っておくことでリスクを減らし効率的に動けるのだろう。

 特に集客について、「よく調べずターゲッティングもせずに商売を始めることは魚群探知機なしで漁をするようなもので、趣味ならいいが家族を養う生業としてはありえない」というのはまさにその通りだと思う。ビジネスの世界に魚群探知機無しで入り込む愚をおかさないようマーケティングの経験は絶対に必要なのだろう。