Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

坊ちゃん

【作者】

 夏目 漱石

 

【あらすじ・概要】

 直情的な性格の主人公が中学教師として田舎町に赴任する。

抑えの利かない生徒たちや、老獪な教頭・校長が、主人公との衝突を繰り返し、何かをすると全てが筒抜けになるような田舎町で生活していく。

 

【感想・考察】

いやらしい教頭“赤シャツ”の描写や、職場でのどろどろした人間関係など100年前の作品と思えない程生々しい。田舎町の濃密すぎる人間関係に疲弊する都会人の視点も、古さを感じない。通信・交通技術が発展し、人の生活は変化しているが、心の動き方は100年程度では変わらないのかもしれない。