ビブリア古書堂の事件手帖7 〜栞子さんと果てない舞台〜

三上 延

 

古書をめぐるミステリシリーズの最終巻。

シェイクスピアのファーストフォリオをめぐる物語。

 

栞子さんと大輔くんの関係にも、栞子さんと母である智恵子さんとの関係も

一応の決着がついての完結。

 

夏目漱石、太宰治、手塚治虫、江戸川乱歩からシェイクスピアまで

古書にまつわる話だけで、ここまで幅広いバリエーションを持たせるのはすごい。

単なる薀蓄ものではなく、本を読んでみたいと思わせる力がある。

作者が本好きなのだろうと伝わってくる。