ロートケプシェン、こっちへおいで

相沢 沙呼

 

マジシャンの女子高生と、ヘタレで誠実な男子高校生の

ちょっとライトノベル的なノリのミステリー。

 

個別の謎をオムニバス的に解決しながら、一冊を通しての謎も仕掛けられている。

最初から伏線が散りばめられているので、読み返すと色々気づく。

ユカというのが誰なのか、最後で驚かされた。