Kennie の読書録

毎日本を読んで、面白い本を紹介したいと思います。

感情買取ドットコム

 喜びや悲しみ等の感情を売買できるアプリのお話です。切り口が面白いですね。

 

【作者】

 山田佳江

 

【あらすじ・概要】

 妻に「愛が重すぎる」と言われ、別居状態となっている宮川。会社の後輩から「感情買取ドットコム」というアプリを紹介され使い始める。

 妻と合ったある日、妻への思いを抑えきれず、また彼女を傷つけてしまった宮川は「妻への愛情」の売却を決意する。

 

【感想・考察】

 「感情買取」という発想が面白い。

 子供のころに感じた鮮烈なときめきは、記憶の中に確かに思い出せるけれど、もう感じることはできなくなっている。心を動かしたくて様々な経験を追いかけたり、映画を見たり本を読んだりするけれど、あの頃の新鮮さがお金で買えるなら買いたいと思うこともある。

 

【オススメ度】

 ★☆☆☆☆

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。