Kennie の読書録

毎日本を読んで、面白い本を紹介したいと思います。

昭和世代のブラックショートショート 壱

  ちゃんとオチのついた「ショートショート」らしい話です。若干ブラックで定型的なのが昭和風なのでしょうか。

 

 

【作者】

   浦田かず

 

【あらすじ・概要】

   7篇のショートショート。

 

・殺し方指南

    パソコン教室から「相談員」に転業した男が、相談者から「夫の浮気相手を殺す方法」について相談される。

 

・予知能力

    少年は先生の顔に一瞬父親の顔を見た。以前にそのようなことがあった時は、毎回浮かんだ顔の主に不幸が起こったため、先生に訴えるが本気にされない。

 

・僕は浮気をしていない

    以上に嫉妬深い同棲相手に気を使い注意していた男だが、ある日満員電車の中で女性に口紅をつけられてしまう。

 

・悪趣味

    男は蛇を飼うことを趣味としていた。妻は蛇に興味がなく、蛇の種類を変えても気がつくことはなかったが、巨大なニシキヘビを買ってきた時にはさすがに気付き怒り出した。

 

・脳クローン

    優秀な人間の脳の記憶領域をコピーするサービスが受験生相手に盛況となっている。

 

・〈笑顔〉

      就職活動がうまくいかない学生は、明るい笑顔を作れないことが原因だと考えていた。

 

・トランスフォーメーション

     仕事で苦労している男は働かずに餌をもらえる亀を羨む。

 

【感想・考察】

   あまりこなれた感じではないが、それぞれの話でいかにもショートショートっぽく、オチをつけていて、安心して楽しめる。想定読了時間24分とある通り、あっという間に読めます。

 

【オススメ度】

  ★★☆☆☆

 

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。