Kennie の読書録

毎日本を読んで、面白い本を紹介したいと思います。

哀しみアプリ

 

 

 

【作者】

 高山環

 

【あらすじ・概要】

 両親を知らない天涯孤独の健一は、同じ境遇の千尋と結婚し、娘の藍と3人で平穏に暮らしていたが、突然、妻が交通事故にあったという連絡を受ける。千尋を無くし苦しむ健一だったが、藍との暮らしのために全力を尽くす。

 千尋がなくなった日、いつの間にかスマホにインストールされていた「哀しみアプリ」からは、時折思い出したように、その時の健一に問いかけるようなメッセージが届くようになる。 

 

【感想・考察】

 妻を亡くし、ブラック企業での忙しさに潰されそうになりながら、娘と向かい合い、正しく育てていこうという真摯な姿勢に心を打たれる。

 彼を助ける会社のチームや、刑事や、死してなお彼を支える妻たちの言葉に、心が温かくなる。

 美しい物語です。

 

【オススメ度】

  ★★★☆☆

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。