Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

マンガでわかる! 情報整理術〈超入門〉

 マンガで情報整理について説明する本です。「超入門」とある通り初歩的な内容ですが、マンガで図解されるので、具体的な活かし方がイメージしやすいです。

 

【作者】

 岡野純

 

【あらすじ・概要】

 IT企業で働くジュンが、奥さんのモモや子供たちからの助言を得て、業務を改善していくストーリー。

 

・情報は一か所に集める

 メールの振り分けなどで入口を分けるのではなく、インボックス一つに集中し見逃しを回避する。

 

・インボックスから要らないものを捨てる

 まずは不要なもの(何のタスクも含まず、記録的価値もない)を捨てる。

 

・インボックスから移動させる前にタスクを抜き出す

 タスクを含むものは、ToDoとして別の場所にまとめる。

 

・定期的にインボックスをからにする

 ため込むと処理が追い付かなくなる。できれば毎日。

 

・メール以外の情報も整理

 紙のメモや口頭での連絡も同じ考え方で整理する

 

・覚えておくのをやめる

 「情報は忘れる」という前提でメモを取る。

 

・メモを取りやすい環境を作る

 携帯しやすいメモ帳や、スマホなどを活用しメモを取る環境を整える。

 

・紙の電子化

 原紙を取っておく必要がないものはデータ化して整理。

 

・情報整理のステップはタイミングを分ける

 インボックス整理と紙のスキャニングなど、混ぜずに一つずつ取り組む。

 

・分類しない

 電子データの場合フォルダ整理では探しにくい。複数のカテゴリに入る情報もあるので、タグ付けと時系列での検索を活用し、分類しての整理はしない。

 

・最新バージョンの管理

 情報を分類せず一つのフォルダで最新バージョンだけを扱う。

 

・持ち物は最小限で共有する

 データを自分で持ち歩かず、クラウドなどで共有しておけば、タスクの中で自分がネックとなる可能性が減る。

 

 

【感想・考察】

 物理的な書類などをフォルダ管理するように、データもフォルダ分けするほうが直観的には分かりやすい。

 しかし、物理的な制限を取り払って考えると、「複数の属性を持つ情報の扱い」や「最新バージョン管理」のためには、情報へのタグ付け管理の方が優れている。

 人間が物理的な肉体を持っているうちは、現物を分類整理することはなくならないのだろうが、少なくとも情報の扱い方は合理的にしていくべきなのだろう。

 Twitter Native となるようば世代は、直観的にタグ分類ができるのだろうか。

 

【オススメ度】

 ★★★☆☆