Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

神様のカルテ

  信州の冬の凛と澄んだ星空に包まれるような空気感に溢れています。主人公の一止と妻のハル、アパートの住民や病院の同僚たちが、皆それぞれ本当に魅力的で、物語世界に引き込まれました。とても好きな作品です。

 

【作者】

 夏川草介

 

【あらすじ・概要】

 信州松本の基幹病院である本庄病院は、365日24時間対応を謳う。内科医である 栗原一止は激務の中、病と闘う人に寄り添い、時に死に際を見届けてきた。

 一止 は大学の医局から誘いを受け、大学で最新医療を学ぶか、受け入れ先のない患者たちを支える現在の日々を続けるか葛藤する。

 古びたアパート御嶽荘に住む面々や、同僚の医師、看護師たちと過ごす日々を描く。

 

【感想・考察】

 「彫刻家は石を削って形を作るのではなく、最初から石の中にある物を表に出しているだけ。それと同じように医師も病気と闘うのではなく、命のあるべき姿を正しく表しているだけだ」と、主人公の一止は考える。

 医療の発展を支えることも大事だが、患者の心に寄り添う医者も必要。だが、現場の医者不足は深刻で、きめ細かなサポートはできていない。そういう作者の問題意識が前面に出ながら、変人揃いの登場人物たちが、暖かい物語を紡いでいる。

 

【オススメ度】

 ★★★☆☆