Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

最後の授業 ぼくの命があるうちに

  タイトルを見て「泣かせに来る」ことを期待していたのですが、スーパーポジティブな勢いで「どうやって夢をかなえてきたか」、「どう生きて欲しいか」を伝えるものでした。世の中に成果を残すような人は、死期を悟ってからもバイタリティーが高いことに驚かされます。

 

【作者】

 ランディ・パウシュ、ジェフリー・ザスロー

 

【あらすじ・概要】

 カーネギーメロン大学の教授で、VRの権威として活躍したランディ・パウシュが、すい臓がんにより47歳で亡くなる前に、学生や自分を導いてくれた人たち、そして、妻と3人の子供たちに送ったメッセージ。

 自分が幼いころに思い描いた夢が全てかなった人生を振り返り、自分の子供や学生たちに夢をかなえる方法を伝える。いろいろあるが、印象に残った項目を挙げる。

 

・煉瓦の壁はあなたの夢を邪魔するものではなく、あなたの真剣さを証明するもの

 困難を前にしても、その捉え方を買えれば挑戦する意欲がわいてくる。

 

・自尊心は与えるものではない、自分で築くもの

 「できていることをほめて伸ばす」だけではなく「できないことを、できるまで必死にやらせる」「それを何度も繰り返す」。君にはもっとできる。

 

・何を言ったかではなく、何をやったかに注目する

 女性が言い寄ってくる男性を判断するときは「彼の言うことをすべて無視し、行動だけを見る」のが良いらしい。

 

・とにかく頼んでみる

 願いを口にする前からあきらめてはいけない。意外と簡単にかなうかもしれない。

 

【感想・考察】

 元来パワフルな人なのだと思うが、命が長くないことを知ってから「やりたいことをやりつくす」ことに圧倒的な熱量で取り組んでいる。

 自分の人生を受け入れることができるのは、自分が主体的に生きてきたという実感があるからなのだろうか。

 過剰なポジティブさには息苦しさを感じるくらいだが、その強さには敬意を払わざるを得ない。