Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

団地のナナコさん

 

【作者】

 ヤマダマコト

 

【あらすじ・概要】

夏休み前に新潟の地方都市 新津市 に引っ越してきた主人公の少年 拓海。

学校で友達ができる前に夏休みになってしまうが、団地でであった年上の少女 七恵と友達になり、虫取りをしたり図書館に行ったりして充実した夏休みを過ごす。

ある日、七恵は「猫に生まれ変わりたい」と、拓海は「学校の友達が欲しい」と願い、お互いの願いをかなえるために相手に呪文をかける。

数日後の登校日、拓海は友人を得たがその後七恵と会うことはなかった。

 

十数年後拓海は新津に戻り、小学生の時に埋めた「タイムカプセル」を掘り返し、あの夏に起きたことの真実を知る。

 

【感想・考察】

1980年代の地方都市の雰囲気は何故か懐かしく感じる。

まだ大手資本やチェーン店が行き渡っておらず、個人経営の店が活気をもっていたり、大人になってみると「こんな狭いところだったのか!」と驚くような場所で、大冒険をした気分になっていたり。

「小学生の夏休み」というのは鉄板でノスタルジーを掻き立てる題材だなと感じた。

 

この作者は「天下」シリーズで初めて知ったので、アクション・ミステリを軸にした ジュブナイル小説がメインだと思っていたが、本書や「魚」のように、民話や怪談をベースにした幻想的な怪異譚でも素晴らしい作品を残している。

幽霊や死後の世界が出てきてもそこは恐怖の対象ではなく、むしろ現世の人間関係に怖さや醜さを見出している。

だからといって厭世的になるのではなく、醜さや不条理が溢れる世の中で、強く生きていこうとする人々への賛歌となっている。