Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

名探偵に薔薇を

【作者】

城平京

 

【あらすじ・概要】

 「小人地獄」の因果を巡る、前後編2部構成のストーリー。

第一部の「メルヘン小人地獄」は、警察やマスコミに送られた不気味なストーリーから幕を開ける。「小人を殺して毒薬を作る博士がいた。小人は復讐しようとしたが博士は先に死んでしまった。仕方がないので、ハンナ、ニコラス、フローラの3人に復讐しよう」という内容だが、その話に沿って1件目、2件目の殺人が起こる。最初の被害者である藤田恵子の娘、鈴花の家庭教師だった三橋が謎に踏み込み「名探偵」の瀬川に依頼する。誰にも検出できない完全な毒薬「小人地獄」が事件の背後に潜んでいた。

 

第二部の「毒杯パズル」

 第一部の事件から数年後、藤田の家で完全な毒「小人地獄」を使った事件が起こった。致死量である0.1gの投与であれば死体から検出できないが、数十倍の濃度で投与すると苦みが強く飲むことができないという薬の特性。6人が集ったお茶の時間、全員のカップに致死量の数百倍の「小人地獄」が投入された。普通であれば飲んですぐに気づくはずだが、犠牲者は味覚障害で苦みを感じることができず嚥下して死に至った。適量を使えば痕跡を残さずに殺すことができたのに、犯人は何故数百倍もの濃度で投入したのか。

 

【感想・考察】

 特に第二部で、動機と行動が何度もパズルのように組み合わされ入れ替わり、最後の数ページまで真相が見えなかった。数度にわたるどんでん返しがじっくり楽しめた。「名探偵」である瀬川が「真実」の重さと向き合うさまは見ていて息苦しくなる。「真実」をさらけ出すことで苦しむ人を考え続け、それでも真実を抱えながら自分自身として生きていかなければいけない、という強さを持っている瀬川は、中々独特で魅力的な「名探偵」だ。