Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

小相撲殺人事件

【作者】

 小森健太朗

 

【あらすじ・概要】

 紙相撲の進化版である「小相撲」を使った賭博が行われていた。主催者によるイカサマがバレた日の深夜、アパートの自室で主催者が撲殺されていた。

 被害者は「大相撲殺人事件」という本を指差して死んでいた。これは偶然そこにあっただけなのか、ダイイングメッセージだったのか。

 安楽椅子探偵である御前山が話を聞き、真相にたどり着く。

 

【感想・考察】

 「本格相撲ミステリ」というジャンルがあるらしい。相撲関連のミステリだけでシリーズにするほどバリエーションがあるのだろうか。本作はミステリとしては微妙な感じだが、取り合わせの新鮮さを感じた。