Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

ロートケプシェン、こっちにおいで

【作者】

 相沢沙呼

 

【あらすじ・概要】

 午前零時のサンドリヨンに続く酉乃初シリーズ2作目。高校でのイジメの苦しさを描く Red Back のパートと、酉乃と須川が「日常の謎」を解く Blue Backのパートが交互に現れる。前作の最後でずいぶん距離が縮まった二人だが、今作ではまた振り出しに戻ったポジションから始まる。

 

・プロローグ

 酉乃とトモの出会い。トモがユカを庇ってクラスから弾かれるきっかけを描く。

 

・アウトオブサイトじゃ伝わらない

 正月休みに集まった須川と友人たち。前作にも登場したムードメーカの織田あかりは途中まで上機嫌だったが、マクドナルドのトイレい行ってから急に元気を失う。その数分に何があったのか須川は酉乃に話を聞きにいく。

 

・ひとりよがりのデリュージョン

 須川は友人から「いかがわしい写真集」を譲り受けるが、途中ですれ違った文芸部の笹本が持っていた文芸冊子と入れ替わってしまう。必死に写真集の行方を追う須川だが、笹本が生徒会で広げた封筒の中身も文芸雑誌だった。写真集はどこに消えたのか、須川は一部詳細を省いて酉乃の喧嘩会を聞きにいく。

 

・恋のおまじないのチンク・ア・チンク

 バレンタインの日、全校集会から戻った教室でプレゼントされたチョコレートが全て先生の机の上に集められる事件が起こる。須川たちはチョコの持ち主を探し返却して歩くが、誰が何の目的で行ったことなのか。

 酉乃と中学時代の友人で現在は決定的に仲違いしてしまった八反丸は、酉乃と須川の仲の進展を破壊力のある手段で妨害してくる。

 

・スペルバウンドに気をつけて

 この話から徐々に Red Back と Blue Back の話が近づき始める。須川の中学時代の友人である児玉が、バイト先で知り合った上条茜に惚れてしまう。彼女は須川の通う高校の生徒だったため須川に連絡先を聞いてきたが上条という名前は偽名で、イジメにあって登校していない「井上友子」だということが判明する。

 

・ひびくリンキング・リング

 この話では Red と Black が融合し、Double となる。イジメにあって登校してこない井上友子は出席日数が足りず、あと1日休むと進級できない状況となる。ある人のいたずらで井上のメールアドレスは友人たちの電話に残っておらず、連絡することもできなかった。トモもどうしてもユカに謝りたかったが、連絡の手段がなく絶望していく。

 

・帰り道のエピローグ

 トモとユカの再会を手助けした酉乃と須川の帰り道の話。

 

【感想・考察】

 以前読んでいるので再読。一度目は単なる叙述トリックだと捉えていたが、人間関係に苦しむトモの両面を描くことで「息苦しさ」がより一層生々しく迫ってくる効果を出していると気づいた。

 世間という「狼」に食べらる「ロートケプシェン(あかずきん)」だが、原作では「あかずきん」が自ら狼の腹を破ってくるという。人間関係のしがらみ、苦しさを乗り越え力強く生きることを応援する作品なのだろう。

 ヘタレの須川だが、酉乃というあかずきんに「こっちにおいで」と手を差し伸べるラストは逞しく美しかった。