Kennie の読書録

毎日本を読んで、面白い本を紹介したいと思います。

Prime Reading

Prime Reading

 

Amazon Prime会員のKindle ユーザに、書籍、雑誌、コミックなど数百冊を追加料金無しで貸し出すサービス。

 

書籍はごく限られており有名どころは少ないが、結構面白い本もあり、

お金を払うなら読まないような本に手を出すきっかけにもなっている。

 

コミックは1巻目だけ無償で後は通常購入というパターンが多く、中途半端なのは嫌いなので試していない。

雑誌は割とメジャーどころが多く、AERADIME、など充実しているが、毎号対象となるわけではなさそうだ。

 

10冊を限界とする「貸出」であって、新しい本を読みたいときは以前の本の登録を削除する必要がある。

Kindleでの「購入」とは違って永続的に読めるわけではない。

(購入であっても厳密には閲覧権利を買っているだけで、永続的に読める保証はないが。。)

 

Kindleユーザ向けに1冊無償で貸し出すサービスもあるが、使えるのはKindle端末のみで、iPhoneiPadなどのアプリ上では読めない。

使い勝手は Prime Reading の方が上だ。

 

月額980円の有償サービスである Kindle Unlimited は対象となる本が100万冊以上と圧倒的に多い。Prime Readingの対象はこの中のほんの一部という感じだ。

ただ Kindle Unlimited は毎月お金を払うにしては、読みたいと思える本が少ない。せっかく時間を使って読むなら本当に読みたい本に1冊ごとにお金を払って読むほうが良いと感じている。読みたい本でKindle Unlimited の対象となっているものが数冊たまったら、数か月限定で登録してみてもよいが。

 

「たくさん読みたいけど、本当に読みたい本にだけお金をかけたい」という私には、Prime Reading と通常購入の組み合わせが一番使いやすい。

 

 

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。