Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

旅する火鉢(ものものがたり1)

【作者】

 高樹のぶ子

 

【あらすじ・概要】

  祖父の代からずっと受け継がれ、家の盛衰を見続けてきた大きな火鉢。火鉢に描かれた楽しげな旅人に憧れたのか、祖父は常に旅をする人生をおくった。

 ある時、サーカスのテントに誘われ、回転する少女や、火鉢を回す少女を観る。火鉢の絵は遠心力で飛ばされて、テント自体が大きな火鉢になる。

 祖父の姿となったピエロは「もう過去を探すのはやめて、そこに今あるものを大事にするんだ」と告げる。

 

【感想・考察】

 「火鉢」という「もの」をテーマとした短編で、ものを媒介に過去に想いを寄せる主人公に「今を生きる」ことを説く。説明的な描写が急に幻想的な表現に飛ぶ感覚は面白い。