Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

崩れる脳を抱きしめて

【作者】

 知念実希人

 

【あらすじ・概要】(少しネタバレ)

 研修医として葉山の病院に派遣された碓氷(ウスイ)が、悪性脳腫瘍であるグリオブラストーマに罹患し、余命数ヶ月とみられる 弓狩 環(ユガリ タマキ)と出会う。「ユガリでは言いにくいから、ユカリと呼んで」という彼女と、ウスイのラブストーリー。

 ミステリとしては、「ウスイの父の失踪についての謎を解く第1章」、「彼女の死の真相を暴く第2章」の2部構成としつつ、両編をつないで恋愛物語が紡がれる。

 

1章 ダイヤの鳥籠から羽ばたいて

 ウスイの父は、愛人の元に走り自分たち家族を捨て、外国から絵葉書を送った切り失踪し、1年後に山から転落して死んでいた。ウスイの母は苦心して彼と妹を育ててきたが、ウスイは貧乏に復讐するように金を稼ぐことに執着し、身体を壊す限界まで勉強し、脳外科として海外で経験をつむことを目指していた。

 膨大な遺産を相続したと言うユカリは、自分の死後にウスイの借金分を贈与することを申し入れるが、彼のプライドを傷つけてしまい、二人の仲は壊れそうになるが、ユカリと同時期に入院し、ユカリと同じく脳に危険な病気を持つ朝霧由(アサギリ ユウ)という女性の中立もあって関係を取り戻す。

 十分な資産を持ち高級な病室にいるユカリも、外出恐怖症で病院から出ることができず「ダイヤの鳥籠」に閉じ込められている、と言う。ウスイは彼女を図書館に連れ出し、恐怖を克服させた。また、ユカリも、父へのわだかまりに縛られているウスイを解放すべく、ウスイの父が失踪した事情を探り出していく。

 1ヶ月の研修期間を終えたウスイは、病院を離れる前にユカリに思いを伝えようとするが、ユカリは「自分は幻だ」といって、告白させることを拒み、環という名で呼ぶことも許さなかった。失意のウスイは広島に戻る。

 

第2章 彼女の幻影を追いかけて

 広島の病院に戻ったウスイは、腐れ縁の続く同僚の冴子に煽られ、葉山のユカリに会いにいくことを決意するが、出発の直前に「弓狩 環は亡くなりました」ととある弁護士から聞く。ただ弓狩環が死んだ場所は葉山から離れた横浜で、外出恐怖症も彼女が何故離れt場所にいたのか疑問に思い、生前のユカリの言動から本当に病気で亡くなったのかも確認したく、ウスイは再び、葉山・横浜に赴く。

 弓狩環は死の直前に遺言状を書き換えていたことが分かり、彼女の死の前の思いを実現させるべく、ウスイは無くなった遺言状を探し歩く。調べるうちに、弓狩環が愛した紅茶店のマスターに出会い、死の瞬間には彼の腕の中に居たことを知り、嫉妬とともに安心感を覚える。

 その後さらに調べていくうちに、彼女の死の真相と、自分からユカリを引き離した「黒幕」の存在に気づき、ウスイは黒幕と対峙する。

 

【感想・考察】

 「死神シリーズ」に出てきたホスピスも登場し、黒猫とゴールデンレトリバーの出迎えを受けたりもしているが、死神や天使の登場はなく、純粋な人間同士のラブストーリーだった。作者が医師であることも一因かもしれないが、死を常に意識し、その裏返しとして生きることの尊さを賛美している。人が人を大切に思う気持ち、苦しくてもまっすぐ真摯に生きていこうとする姿勢に心が動かされる。