Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

ファイアスターター湯川さん

【作者】

 永田栄一

 

【あらすじ・概要】

 主人公が管理をしてる古い木造アパートに、パイロキネシス(発火能力)を持つ女性 ”湯川四季”が入居した。前半では、壊れた風呂を沸かしたり、雪合戦でズルをしたり、アパート住人達との交流が暖かく描かれるが、途中 ”右腕の無い青年” 溝呂木が登場し、湯川さんの過去を明かしてから、物語は急展開する。

 

【感想・考察】

 いかにもラノベ的な展開ではあるが、溝呂木青年のノワール感あふれる造形など、描写がとても上手な作者だと思う。途中で暗く重々しい雰囲気になりながら、最後は暖かくまとめられていて、読んだ後に清々しい気持ちになる。