Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ

【作者】

 大崎 梢

 

【あらすじ・概要】

 「配達あかずきん」に続く、成風堂書店シリーズ。途中に番外編として「晩夏に捧ぐ」という作品もあり、発表順で言うと第3作。

 「配達あかずきん」と同じく、「杏子」と「多絵」が、成風堂の周辺で起きた事件を解決する連作短編集の形式をとっている。

 

・取り寄せトラップ

 4人から取り寄せを依頼された本が入手不可能で電話連絡をしたところ、4人とも注文はしていないと言う。同じ4名の名でまた偽の取り寄せ注文が入り、何者かが書店を利用しメッセージを送ろうとしているのではないかと思い至る。

 ある女性が店に現れ、「亡くなった祖父に関わることで知り合いが書店を利用しているかもしれない」と訴えて来る。多絵は4人の関係者の行動を読み、謎を解いていく。

 

・君と語る永遠

 社会科見学で成風堂に来た小学生の少年が、書店で使われる言葉に強い興味を示し、「広辞苑」にも関心を持つ。社会科見学のあとから、少年は時々書店に来て本を眺めるようになった。同じ頃、近所で年少者による幼女誘拐が発生しており、一人で行動することが多く、人間関係が不器用な少年が疑われてしまう。杏子と多絵は少年が書店に関心を持った理由に気づき、少年に伝えようとした永遠の願いを見る。

 

・バイト金森くんの告白

 成風堂でアルバイトをする金森くんが、飲み会の場で書店で恋に落ちたことを告白する。雑誌の譲り合いで知り合い、少しずつ話をするようになったが、彼女には長く付き合っている彼氏がいることを洩れ聞き落ち込む。ある日、雑誌の付録をもらうが「ストーカについて」の特集号の付録だったことから、ストーカー認定されたと感じ完全に打ちのめされる。多絵は金森くんの話を聞き、その矛盾に気づく。

 

・サイン会はいかが?

 成風堂書店で新進ミステリー作家によるサイン会が計画される。それほど規模の大きくない書店としては大きなチャンスだが、サイン会を開くための条件が、ミステリー作家の熱烈なファンである「レッドリーフ」が誰であるのかを調べ出すことだった。多絵は作者の元に送られたメモや、作者の過去の作品から「レッドリーフ」の招待に迫る。

 

・ヤギさんの忘れもの

 とある老人が成風堂のパート社員に写真を見せたいと持って来たが、パート社員はすでに退職したあとだった。落ち込んだ老人は帰り際に写真を忘れてしまう。多絵は写真のありかを推理し、思い出をつなげていく。

 

【感想・考察】

 書店での仕事の大変さが具体的に伝わって来る。前作と比べて、杏子、多絵や店長などのキャラクタが明確になり、掛け合いを見るのが非常に楽しい。多絵の頭の鋭さと性格のまっすぐさ、不器用さなどが魅力的に描かれている。

 全て書店に関するミステリーだが、「サイン会はいかが?」の暗号は実在しない本のタイトルをキーにするなど、暗号だけをいくら考えても解けないのは少し残念。

 最近は電子書籍ばかりだが、たまには書店に行って本を買いたいと思わされる本。