Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

1日36万円のかばん持ち ー三流が一流に変わる40の心得

【作者】

 小山 昇

 

【あらすじ・概要】

 企業向け研修、セミナーを企画運営する「武蔵野」の社長である小山氏が 提供するかばん持ち実習で教える内容を書籍化したもの。

「やり方」を教えるのはセミナーだが、「あり方」を伝えるには一定の時間を 一緒に過ごすのが一番だと考え実践している。

 ・借金を返すよりも現金を持つことにこだわれ、B/Sをよく読め

 ・従業員とのコミュニケーションは密に、プライベートにも踏み込め

 ・銀行との関係は大事にする

 ・社長自らのトップセールスは効く

 ・売上額より、利益率、利益率より利益額

 ・パクリは悪くない、最初は徹底的にパくる

 ・健康には留意するように  

   ・パチンコはギャンブルではなく仮説検証の練習の場

 ・目先の利益より会社のオーナーシップにこだわれ

といったようなことを、実際に同行する中で伝えていく研修。

 

【感想・考察】

 現金へのこだわりや社員との関わり方、会社のオーナーシップなど 中小企業の社長を対象にした研修なのだろうと感じた。

 パチンコや成功率の話など、確率の理論はむちゃくちゃだが勢いがある。 「かばん持ち」体験をビジネス化するという発想は素晴らしいと思う。

こういう本は、成功した人が自分の成功経験を元に語るので それぞれ違う視点から書かれていて、人によっていうことが違うことも多い。 ただ、数を読むことで傾向として見えてきたのは、 「拙速」「人間への関心」「バイタリティー」が必要なのだということ。 特に「拙速」はどんな本にも書かれていて、「完ぺきをきたすよりも素早く実行し 良い点・悪い点をはっきりさせていく」ことが絶対に必要なのだと感じた。