Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

必要十分生活

【作者】

 たっく

 

【あらすじ・概要】

 必要最低限のモノだけで快適に暮らそうというミニマリストである作者が決めている、「自分ルール」を説明した本。

 気になった項目は以下の通り。

 

・机の上を運ぶ

 机の上にあるもの、パソコン、ペンから充電用ケーブルなど全てをカバンに入れ持ち運ぶ。席に着いたら、カバンにあるものは傘以外全て出す。自分がいなくなった後の机は完全に空っぽ。この方法であれば場所に縛られず完全に同じ環境を構築できる。

 

・買いだめは要らない

 今時はどんなものでもネットなどで気軽に補充ができる。なくなったときのために予備を用意するのではなく、なくなった時にちょうたつすればよいという考え方。ボールペンの予備を買うと保管場所が必要になるだけではなく、より気に入ったものが見つかっても買い替えにくいなどマイナスが多い、

 

・お風呂場は毎日洗う

 お風呂場にあるものは全て毎日洗うことで、気持ちいい清潔さを保てる。毎日洗うことを考えると、一つでもものが多いと年に365回余計に洗うことになり、必要でないものは置かないようにしようという気持ちになる。

 

・自分と相手の領域を区別する

 相手には相手の心地よいやり方があるので、自分の方法を押し付けてはいけない。共同生活をする相手とはきちんと話して合意を取り、お互いの領域だけを整えるようにすべきだ。

 

 その他にも、服や靴は3セットにしようとか、プリンタはいらないとか、本は電子化を活用しようとか、思い出の品はデジタルデータにしよう等の提言がされている。

 

【感想・考察】

 モノを必要最小限にしようというテーマの書籍はよくあるが、本自体も簡潔にまとめられミニマムだった。中でも「机の上を全て運ぶ」という思想は斬新だった。持ち物が増えてしまう懸念もあるが、そのように意識をしていれば無駄なものを持ち歩かないよう調整されていくのだろうか。試してみたいと思った。