Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

純喫茶「一服堂」の四季

【作者】

 東川 篤哉

 

【あらすじ・概要】

 四季になぞらえ春夏秋冬の4編からなる短編集。

 純喫茶店「一風堂」を経営する度外れた人見知りの店主、安楽椅子(ヨリ子)は優秀な安楽椅子探偵だった。一服堂に集うミステリー作家や刑事やOLなどが語る「猟奇殺人事件」の謎を話を聞くだけで解決してしまう。

「春の十字架」

 十字架に磔られた被害者の謎を解く。十字架が作り上げた密室。

「最も猟奇的な夏」

 これも十字架に磔られた死体。夏の風景が浮かぶ叙情的な作品。

「切りとられた死体の秋」

 売れないミステリ作家と売れっ子ミステリ作家のお話。「ユリア」とは誰か。

「バラバラ死体と密室の冬」

 ちょっと品のない密室ミステリ。

 

【感想・考察】

  同じく東川氏の作品である「謎解きはディナーのあとで」の執事と同じく、「敬語で毒舌」というのが面白い。あるいは別作家の作品だが「ビブリア古書堂の事件簿」の栞子さんのように、人見知りだけど事件の話を聞くと突然スイッチが入ったりと、「キャラクター探偵もの」とでも呼ぶべきフォーマットを踏襲している。しかしながら、扱う事件はグログロした猟奇事件だったり、最後に仕掛けた叙述トリックで続編の道は閉ざしたり、そういったシリーズ化は考えていないようだ。

 安楽椅子探偵ものは、口頭で伝えられたことが全てで、地の文に何かを仕掛けることができないので、犯人当てミステリとしては意外感を出すのは難しいのだと思った。「Who Done It」は分かりやすい。

 東川氏の描くキャラが好きな私には楽しめたが、ミステリとしてはまあまあ。