武器としての書く技術

【作者】

 イケダ ハヤト

 

【あらすじ・概要】

 ブログライターの イケダ ハヤト氏が、ブログに書くのに適した文章術から、マネタイズの方法、書くこと自体のメリットを主張している本。

 文章の書き方については、以下のようなポイントをあげている。

 ・ブログの文章はSreet Liveのようなもの、目立たなければ気付かれもしない。

 ・文章は短く、文も短く。

 ・毒を含む文であっても本音で。

 ・まず結論から書き、主張を明確にする。

 ・〜と思う、〜と考える、などの婉曲表現は腰が引けている。断定表現で。

 ・ネットの閲覧者母数は膨大、ニッチな分野の方がアクセスを稼げる。

 ・読者にどういう価値を与えらるかを意識する。

 ・見出しをつけたり、太字で強調をするなど、一見しての見やすさを考える。

 ・読者は、忙しく、飽きっぽく、批判的。ストレートな短い表現が望ましい。

 ・キャッチーなタイトルは有効

  数字をつける、コンプレックスワードや権威を使う

  (例)朝にするべき5つの習慣、一生モテない人の残念な理由、ハーバード流学習術 などなど

 ・一つのエントリーには一つのテーマだけにする。

 ・句点は極力省き、勢いを殺さない。長くなるときは文を分ける。

 ・改行を多めにして、文字が詰まらないように。  

 ・簡単な言葉で伝える方が難しい。難しい言葉でひけらかすのは愚か。

 

また、アクセスを増やす方法として、影響力のある人をインフルエンサーを使うことや、記事のストックを増やし、検索エンジン経由での流入を進めることなど、極めて具体的で実際的な内容。

 

【感想・考察】

 驚くほど有意義な本。文章の書き方もネットでのアクセスの稼ぎ方も、マネタイズについても、全てが実際的なアドバイスで、非常に役に立つ。著者は知らなかったが素晴らしい内容だった。

 ブログなどでアクセスを増やしたいと思っている人も、人に伝わる文章を書くことを目指している人も、必読の本だと思う。