読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火花

又吉 直樹

 

売れない芸人と、彼が師と仰ぐ先輩芸人の話。

芸人さんの作品が芥川賞を受賞したということで話題になっていたが、空虚さと熱さを同時に感じさせる作品の雰囲気は話題性を差し引いてもとても心地よく、没入しやすいストーリーだった。

芸人の感性や笑いに対する真摯さは十分伝わるし、エンターテインメントとして読者を楽しませようという思いが随所で伝わってくる。笑かしたり、寂しくさせたり、感動させたり、心を揺さぶろうとしてくる。

巻末の芥川への手紙も面白い。やはり芸人でエンターテイナーなのだと思う。

話題性が強すぎる本ということで色眼鏡で見られているところもあるが、一度は読んでおいて損はない本だと思った。