ミステリーの書き方

日本推理作家協会 編著

 

著名ばミステリ作家たちが、ミステリの書き方について、それぞれのテーマに沿って解説をした本。インタビュー形式だが、回答者がめちゃくちゃ豪華。

 

福井晴敏の「まずは人間に興味を持つこと」という論から始まり、東野圭吾のミステリのアイディア探しの方法、宮部みゆきの(だいぶ感覚的な)プロットの作り方、真保裕一の視点の選び方や、石田衣良の会話の書き方などなど、極めて濃度の高い内容。

 

ミステリを書きたいという人だけでなく、ミステリや小説を読むのが好きな人にとっても、作者がどのような意図をもって作品世界を見せようとしているのか理解する助けとなり、より一層読書が楽しくなっていく本だと思う。