「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける

石黒 圭

 

「読む」技術についての本。

書くことや聞くことと比べると簡単に思われる、「読む」という行為だが

かける時間は圧倒的に多く、技術の有無で成果が違ってくるという話。

 

極めて論理的な書き方だが、例文の選択などもうまく

非常に読みやすく頭に入ってくる。

 

3つの読み方として

「速読」、「精読」、「味読」を挙げている。

 

「速読」のためのストラテジーとして

 ・トップダウン処理を利用し、自分の頭にある

  スキーマを利用した「話題ストラテジー」

 ・重要そうな情報だけを選択する「取捨選択ストラテジー」

 

「味読」のためには

 ・文字から映像を思い浮かべる「視覚化ストラテジー」

 ・次の展開を予測する「予測ストラテジー」

 ・文脈を理解し一貫性を持たせる「文脈ストラテジー」

 

「精読」のために

 ・行間の意味を読み取る「行間ストラテジー」

 ・自分なりの意味づけを加える「解釈ストラテジー」

 ・繰り返し角度を変えて読むことで定着させる「記憶ストラテジー」

 

を挙げている。

 

速く読むべき内容もあれば、精密に読み内容を記憶するべき内容もある。

小説などでは味わって読むことに意味がある。

 

読み方の本ではあるが、裏返すと書き方についての説明にもなっている。