Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

速読日本一が教える1日10分速読トレーニング

角田 和将

 

まず前提として、速読自体は目的ではなく

目的を達成するための手段であるべきという点が大事。

早く読むことで時間を捻出できたり、たくさん読むことで人生を豊かにしたりすることが目的であり、1分間に何文字読めるかは大事では無い。

 

また、速読自体は継続的なトレーニングをすれば、ある程度までは必ず向上する。

肝要なのはは毎日継続的にトレーニングをすることと、完璧主義に陥らず

必要なレベルでできることに手をつけるということ。

 

速読のポイントとして

 ① 目線を早く動かす。

  目の筋肉をリラックスさせ早く動かす練習が必要。

  やり方をつかめば、道具もなくどこでも実践できる。

 

 ② 文字を見る幅を広げる

  文字の塊をブロックとして認識する。

  完全に理解できなくても、要点を理解していく。

 

 ③ 瞬間的に認識できる力を上げる

  文字を見る速度が早くなっても、認識が追いつかないと内容が理解できない。

  脳には可塑性があり、早い処理を習慣にしていれば慣れてくる。

 

文字をブロックで捉えることは時々意識はしているが、意図的な練習で効率を上げることができるかもしれない。電子書籍は速読に向かないかもしれないが、それでも少しは速度を上げることができるだろう。