2

野崎 まど

 

野崎まど作品の集大成。

 

創作とは何か、美しいとは何か、面白いとは何か、愛とは何か

何が私たちを動かし、導いていくのか、突き詰められ狂気の一歩手前か

あるいは一歩先まで見せてくれる作品。

 

アムリタから始まり、お面の少女、死なない生徒、小説家のつくり方、パーフェクトフレンドと続くシリーズから、ストーリーが収束しているので、順番を守って読むことが大事。

 

特にアムリタからの伏線の張り方には、鳥肌がたった。

最原最早は 二見に出会ってすぐに、「愛とは何ですか」「私を愛していますか」と聞いていた。

その段階ではいかにもラノベ的な、会話のテンポずらしだと感じ、

アムリタを読み終わった時点では、人格変異の確認だと思っていたが

2を読むと、このポイントは、5年以上にわたる期間でずっと温めてきた伏線であり、不変で最大のテーマだったと気付き、またしても圧倒された。

 

偏執的な知識欲を描いていたが、相手を知りたいと思うことは愛なのだと定義している。

 

どんでん返しが繰り返されるストーリー展開は面白いが、全ては表現したいことのために集めた駒で、表現したいことを印象深く刻むためのプロットなのだと知らされた。

恐ろしい作者だ。