パーフェクトフレンド

野崎 まど

 

10歳にして数学の博士課程を取得した天才少女 さなか が

友達とはなにかを、掴まされていく物語。

 

友人関係をシミュレーションで”理解した”と考える気味の悪さと

数式では表現しきれない”感情”に戸惑う姿は美しい。

 

後半は超展開だが、作者が人間関係とは何か、友達とは何か

突き詰めて考える熱量に圧倒され飲み込まれた。

ラノベの語り口で軽く読ませながら、重いテーマを叩き込んでくる。

 

最後には過去作からの伏線がつながり、驚かされた。

素晴らしい作品。