読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説家の作り方

野崎 まど

 

若手小説家と彼から小説を学び、「世界で一番面白い小説」を

形にしようとする”紫” の話。

この話でも、どのように知識を得て、それをどのように血肉にしていくのか

知識と経験への強いこだわりが見えるストーリーだった。

 

”紫”の正体や目的など、二転三転のどんでん返しがあり

ミステリとして読んでも楽しめた。

 

同じ作者の アムリタ にあった「この映画はきっと とても面白い」という映画も見てみたいし、「世界で一番面白い小説」も読んでみたい。

この作者の作品をしばらく読んでみよう。