舞面真面とお面の女

野崎 まど

 

アムリタが面白かったので、同じ作者の作品を読んだ。

 

こちらもミステリー仕立てではあるが、アムリタと同様に特殊能力や超常的な現象をキーにしているので純然たる謎解きを楽しもうという読み方には向かない。

 

非常に軽いラノベ的な会話の応酬を楽しみながら、ストーリーの流れを追っているうちに、何重にも仮面をかぶって生きることの重さを感じさせる。

軽さと不気味さ重さが同居する面白さ。

連作になっているようなので、続けて読もう。