会話は「聞く」からはじめなさい

上阪 徹

 

著名人へのインタビューを重ね、ブックライターとしても多数の本を出してきた著者の「聞き方」についての本。

 

特に心に残ったのは、

相場観を持って接すること、自分自身や周りの人間の常識で人と接してはいけない。

また、緊張するのは自分を良く見せようとしているから、ということ。

これは話をする場合だけではなく、どんなときでも自分の力はこんなもんだと

さらけ出してしまった方が楽になり、良い結果を生むのだろうと思う。

 

この人の本をまた読んでみたい。