Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

祈りの幕が下りる時

東野 圭吾

 

加賀恭一郎シリーズの集大成的な話。

父親との確執で、遠隔操作で将棋を打っていた話とか

なぜ日本橋にこだわっているのかとか、

今まで語られなかった部分が見えてきた。

 

ミステリとしては、身許偽装の方法が容疑者Xの献身を思い起こさせたり

斬新とは言えなかったけれど、人を描くのはとてもうまく、また引き込まれた。

 

良作だと思う。