小説 君の名は。

新海 誠

小説版でも景色が目の前に広がるような描写。

湖が光を反射する夕暮れや、都会の朝や、古い神社が鮮やかに目に浮かぶ。

これは素晴らしい才能だと思う。

ストーリーもよく練られていて面白い。

是非とも映画版を見てみたい。