プロの資料作成力

清水久三子

 

資料を作る時のポイントとして

・目的(どういうアクションを起こしてほしいのか)

・対象(誰にアクションを起こしてほしいのか)

・方法(どうやって納得してもらうのか)

を、まず最初に明確にしてから、ストーリーを描くということ。

 

目的と対象がぼやけた資料を作ることが多かったので参考になる。

 

直接的な資料作りのテクニックも役に立つが、

資料作りの原則となる部分が非常に有益だった。