Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

その女アレックス

ピエール・ルメートル

 

最初は誘拐の被害者として、登場したアレックスの計画が徐々に見えてくる。

最後でひっくり返すどんでん返しではないが

何度もアレックスの立場が変わっていく。

 

また刑事達のチームが魅力的に描かれている。

 

残忍な描写は多いが、読後感は悪くない。