Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

自己啓発

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

池上 彰 池上彰の得意な分野についての概説的な本。 現代日本人のリベラルアーツとして 宗教、宇宙、人類の旅路、人類と病気、経済学、歴史、日本と日本人 の7項目を挙げている。 歴史や経済学など、作者の強い部分では深い考察もあり面白い。 今私たちが学…

「人を動かす人」になれ!ーすぐやる、必ずやる、出来るまでやる

永守 重信 非常に熱い人情肌のリーダ像。 信じた道をひた走る馬力には感服する。 人を動かすには、自分の信念をぶらさずに突っ走ることと 相手に対するケアを忘れないこと。 自分にない部分のロールモデルとして学ぶべき部分が多かった。

こうすれば必ず人は動く

デール カーネギー 人を動かす方法について具体的な事例を交えて解説した本。 テクニックに走ることなく、人を責めず人の立場に立ち、相手の求めているものを提供し、自分を卑下することなく、恐怖心を持たず、本当に真っ当な手段で人に動いてもらうことを説…

実践! タイムマネジメント研修:より少ない時間で、より高い成果を出すために

坂本 健 タイムマネジメント研修の受講内容を参加者の立場で書いた本。 スキルアップ系の本としてはとても読みやすい。 ・思考を言語化すること。 ・集中して立ち上がるまでの時間は意外と早く、集中力が続く時間も意外と早い。 細切れの時間を活用しよう。 …

やめた人から成功する。

千田 琢哉 我慢をやめること。 努力は意味があるけれど、我慢から解放されるため、自由に生きるための努力であるべき。 自分から時間を奪う人との付き合いを我慢しない、将来的に自分を自由にしない仕事に我慢して取り組まない。 自分自身が我慢せずに、自由…

起業家のように企業で働く

小杉 俊哉 企業で働く人であっても、起業家マインドを持って主体的に仕事に取り組んでいる人もいる。 企業の中にいるからこそ利用できるリソースがある。使えるものは徹底的に利用してみてもいいと思う。 最速か最強でないと勝てないというのは同意する。

イシューから始めよ

安宅 和人 まず、何が答えを出す価値のある本質的なイシューなのかを見極め 仮説を立て、誠実に検証していく。 答えの出ないことで悩まない。 意識することで、問題解決の速度が上がるか、日々実践していきたい。

やり抜く力

アンジェラ・ダックワース 成果を出すためには生まれつきの才能よりも、やり抜く力が重要だという提言。 情熱を持つことができる対象は、外部との交渉の中で見つかってくる。 練習は楽では意味がない。 楽しさと苦しさは両立する。 痛みを諦めて甘受するか、…

言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方

渡辺 美紀 無駄な部分を省いてすっきり伝える。 相手の置かれた状況に思いを至らせて、感情的に受け入れられる話をする。 人は基本的に自分に興味がある。自分に関心を持ってくれる人、自分のしていることを肯定してくれる人に共感を覚える。判断のしにくい…

NHK 「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント

上田 惇生 「マネジメント」だけではなく、ドラッカーの生涯や、その他の著作についても述べた概説的な本。 「マネジメント」は企業経営だけではなく、より良く生きるための指南本だという見方。 現在のような社会組織になったのは数百年の出来事、この世界…

世界を変えた10冊の本

池上 彰 主に宗教や経済の側面から、大きな変化をもたらしたと著者が考える10冊の本の紹介。 聖書やコーランなど、宗教書であっても、経済・文化的にどういう影響を与えたのかが説明され、非常に楽しく読めた。 マックス・ウェイバーの「プロテスタンティズ…

立ち読みしなさい!

苫米地 英人 「夢を叶える」方法を説く本。 ・明確なゴールを設定すること。 ・コンフォートゾーンに留まろうとするホメオスタシスを味方につけるため 夢のかなった状態が、自分のコンフォートゾーンであるようにする。 ・見えているのに観ていないスコトー…

モノが少ないと快適に働ける

土橋 正 特に仕事関係でモノを減らして快適にすることを提案している。 文具の取り扱いを生業としている人らしく、 モノを減らすというよりは業務を効率的にする文具紹介という側面もあった。 頭のメモリ空間を空けるため、メモをとる習慣はつけたいと思う。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

ティナ・シーリング 常識を疑うこと、殻を破ることを訴えている。 具体的な例が多いのでイメージしやすいが、読んでいて疲れる本ではあった。 普通に生活しているとどうしても自分の生活圏の常識に捉われてしまうが 世の中には殻を破って飛び出した成功例が…

27歳からのMBA グロービズ流ビジネス勉強力

グロービズ経営大学院 田久保善彦、荒木博行、村尾桂子 3名の共著 勉強の仕方についての本。 キャリアを考えること、 インプットすること、 振り返ること、 アウトプットすること、 フィードバックを受けること、 このサイクルを回していくことで効果的に学…

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

中島 聡 Microsoft で Windows95の開発に関わった経営者の時間術。 最初の2割の時間で8割を終わらせるつもりで全力を尽くす ロケットスタートを提案している。 界王拳20倍のイメージはわかりやすい。 誰にも邪魔されない朝の時間を活用すること、 締め切…

会社の数字を読みこなすための基本とルール

村形 聡 超入門編だと思ったが、数字の読み方の勘所が掴めた。 会計数字自体の意味は分かっていても、そこからどのようにメッセージを読み取るのか、かなり実践的な部分もあった。 PLを読むことは多いが、BSを読むのは難しいと感じていたので これくらい噛み…

必ず書ける「3つが基本」の文章術

近藤 勝重 どちらかというと小説や詩を書くときの心情描写など、散文的な文章を書く技術を伝える本。 そういう文章を書く機会は多くないけれど、時に叙情的な表現をしてみたい時には、役に立つかもしれない。

30日で人生を変える「続ける」習慣

古川 武士 習慣づける力を育てる方法論。 良い習慣を身につければ複利の力で大きな成果に結び付くということ。 「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところに到達するただひとつの道」 というイチローの言葉に強く共感できる。 行動の習慣は1ヶ月く…

反応しない練習

草薙 龍瞬 ブッダの時代の原始仏教の哲学。 生きることは苦しいことという前提で、苦しみを逃れるにはどうすれば良いか道を示している。 起こることを、判断し反応しないことで心の安らぎが得られる。 自分でできること、自分の内側にあることに集中していく…

限りなくシンプルに、豊かに暮らす

枡野 俊明 断捨離とかミニマリストといった話には 良いなと思う反面、気持ち悪さを感じることもある。 ただ禅の思想を基にしているこの人の本は気持ち良くて清々しい。 極端に振り切れず中道を守りながら、静かに語りかけるような文章。 掃除は気持ちいい、…

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

スティーブン・R・コヴィー 刺激と反応の間には選択の余地があり、 それこそが人間らしく主体的に生きることの本質なのだと述べている。 自分は全く自覚的ではなかったと思う。 テクニックよりも人格を磨くことが大事だということ、 P/PC(ProductとPurodact…

必要な知識を15分でインプットする速読術

高橋 政史 速読術とあるが、どちらかというと本を精読することを推奨している。 具体的に速く読む技術にはなにも触れられていない。 インプットだけでなくアウトプットを意識すること。 具体的な1アクションに落とし込んでいくことは必要だと思う。 本を読…

最速の仕事術はプログラマーが知っている

清水 亮 プログラマーは物事を構造的に捉えることに長け 自分の仕事に対する結果がすぐに出る環境なので 自分の限界の認識が強く、それが成長につながり 常に効率的であろうとすることから、 ビジネスマン・経営者として優秀であるという話。 マルチタスクで…

なぜ、あなたの話はつまらないのか?

美濃部 達宏 放送作家が書いた話し方の本。 実践的な内容で有益。 盛り上がる話し方は、 ・適切な話の内容の選択 ・適切な話の順序の構成 できまるというもの。 話の内容は相手からどれだけ共感を得やすいかで考える。 家族の話や、食べ物の話、仕事や学校の…

恐れない技術

桜井章一 昔は雀鬼の言葉に心震えたが ちょっとずれていると感じてしまう。 自分の成長なのか新鮮さを失ったのか あの頃のことを思うと、少し悲しい。

疲れない脳を作る生活習慣

石川 善樹 マインドフルネスについての本。 瞑想、睡眠、姿勢、食事といった生活習慣を見直し 「いまこの瞬間を最大限に味わうこと」を提言する本。 簡単に取り組める具体的な提案がたくさんあった。 ・肩を落として姿勢を整える。 ・5秒で息を吸い、10〜15…