毎日一冊! Kennie の読書日記

面白い本をガンガン紹介していきます!!

文学

恋する寄生虫

極度の潔癖症で 社会に馴染めない男が 一回り近く年下の女子高生と恋に落ちる物語です。 クリスマスイブの夜に通信ネットワークを遮断する 「Silent Night」というワーム型マルウェアを作るくらい 拗らせていた男が、 恋に落ち生きる喜びを取り戻すけれど 単…

それでも僕は夢を見る

「夢をかなえるゾウ」など、 自己啓発系コメディーを書く水野さんと、 「振り子」など、人生を俯瞰するような物語を パラパラ漫画で描く鉄拳さんのコラボ作品です。 それほどボリュームはなく、サクッと読めます。 【タイトル】 それでも僕は夢を見る 【作者…

いたいのいたいの、とんでゆけ

凄惨で救われない状況に堕ちた二人が その中で最大限の喜びを見つけていきます。 バッドエンド風ハッピーエンドが切ない恋愛小説です。 以前読んだ同じ作者の「三日間の幸福」も 最終的な救いはない中で幸せを見つける話でした。 本作では、より深い絶望の中…

桐島、部活やめるってよ

高校での生活を描いた「青春小説」です。 タイトルにある桐島自身は出てきませんが 7つに分かれた各章の語り手たちに 直接・間接の影響を与え、状況が変化していきます。 最初はとっつきにくいと感じましたが 後半に入ってググッと引き込まれました。 【タイ…

祈りのカルテ

2年間の臨床研修で各科を巡回しながら 患者たちの隠した思いを解き明かしていきます。 「医療ミステリ」の範疇に入るのだと思いますが 病気や治療がキーになるわけではなく 患者たちが守ろうとしているものに気づき 救い出していく、という話でした。 【タイ…

鍵のない夢を見る

5編の短編集です。 どれも犯罪がらみの話でちょっと重いのですが 語り手となる女性主人公の心理描写が凄まじく 一気に引き込まれました。 【タイトル】 鍵のない夢を見る 【作者】 辻村深月 【あらすじ・概要】 仁志野町の泥棒 ミチルはかつての友人律子と再…

妹と猫

5つの短編集です。 若干ミステリ風な「ノック屋・その後」での 洒脱な会話も大好きなのですが 表題作の「猫と妹」は傑作だと思います。 【タイトル】 妹と猫 【作者】 奥田徹 【あらすじ・概要】 ヨビダシガカリ 地元に帰った僕は、同窓会の呼び出し係として…

サクラ咲く

学校を舞台にした3つの連作短編集です。 辻村深月さんには、時々影を感じますが 本作はまっすぐに優しい作品でした。 この作者の作品では、いまのところ一番好きです。 【タイトル】 サクラ咲く 【作者】 辻村深月 【あらすじ・概要】 3編の連作短編集。 約…

そして、バトンは渡された

文句なしにおススメです。 読了後、冒頭を再読して久々に泣かされました。 父親の格好良さに痺れます。 【タイトル】 そして、バトンは渡された 【作者】 瀬尾まいこ 【あらすじ・概要】 優子が 最後の父親の「森宮さん」と過ごした 高校時代からの7年間の話…

きみのために青く光る

【タイトル】 きみのために青く光る 【作者】 似鳥 鶏 【あらすじ・概要】 犬が光る 受験を控えた高校生の少年 田辺は 動物病院の娘である 澤野さんに好意を抱いていた。 だが、田辺には動物に近づくと 必ず襲われるという「特殊能力」があり 常に動物に囲ま…

小説の神様 あなたを読む物語(上)(下)

高校生作家である、千谷一也(ちたにいちや)と 小余綾詩凪(こゆるぎしいな)の物語です。 物語の価値はどこにあるのか。? 物語は心を動かすことができるのか? というような「小説家」しての想いを ぶつけたような作品で、 その熱量に圧倒されます。 舞台…

いつでも会える

数分で読める絵本ですが、泣かされます。。 【タイトル】 いつでも会える 【作者】 菊田まりこ 【あらすじ・概要】 みきちゃんの飼い犬シロ。 みきちゃんのことが大好きで、 一緒に過ごす時間は嬉しくて楽しくて幸せだった。 ところがある日、ずっと一緒にい…

夢十夜

「こんな夢を見た」 で始まる十夜の物語です。 非論理的な内容な分、メッセージが隠されているように感じます。 メタファーから多様な解釈を許すエヴァ的な戦略なのかもしれません。 【タイトル】 夢十夜 【作者】 夏目漱石 【あらすじ・概要】 第一夜 男は…

新章 神様のカルテ

最近とても好きな「神様のカルテ」シリーズの続編が でていたのでゆっくり楽しみました。 【タイトル】 新章 神様のカルテ 【作者】 夏川草介 【あらすじ・概要】 地域の基幹病院から大学病院に異動した栗原一止。 ハルとの間に生まれた小春と3人で暮らす。 …

他人のシュミを笑うな

【タイトル】 人のシュミを笑うな 【作者】 王木亡一朗 【あらすじ・概要】 少しずつリンクしている3つの連作短編集。 ベストスコア 女子高校生の理沙は、マウントを取りたがる響子を面倒に感じている。 ある日、一人での帰路にほっとしている理沙に、真希が…

元気をもらえるラブストーリー「ガソリンゼロ」

切り口の違う3編のラブストーリーと、父と娘の物語が一編。 暖かい短編小説集です。 「ガソリンゼロ」には元気をもらいました。 【タイトル】 ガソリンゼロ 【作者】 奥田徹 【あらすじ・概要】 4つの短編集です。 ガソリンゼロ 靴屋で働く周太は、毎日駐車…

くじらの夢

「高校生のラブストーリー」です。 結構過激なラストですが、ある意味きれいなハッピーエンドになっていると感じました。心が温かくなる話です。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 宮崎に暮らす女子高生リサは友人グループとカラオケに行く。 グループの…

ぼくらの七日間戦争 「ぼくら」シリーズ

「少年・少女たちが自由を求める闘いを、コミカルに描いた作品」です。 この作品を読んで「大人も辛いのだよ。。」と、視点が大人側になってしまう自分に寂しさを感じます。 【作者】 宗田理 【あらすじ・概要】 1985年頃の中学生たちが主人公。 夏休み前の…

九十九の名前

イスラム過激派のテロと思われる飛行機墜落事故と、それに対するドイツ国民の反応をドキュメンタリー風に描いた小説です。 ドイツ国民が、移民や異文化の受容に複雑な思いを抱いていることが伝わってきます。 【作者】 イェンス-ミヒャエル・フォルクマン 【…

同窓会屋

不器用に生きる人間達が愛おしくなるような作品でした。短いのでサクッと読めます。 【作者】 Sechi 【あらすじ・概要】 田之上真喜子は25年ぶりに中学の同窓会に参加する。 真喜子は中学時代に付き合った須藤タケシとの再会を期待していたが、煌びやかな同…

家出しなかった少年

あまり特別なことが起こらない日常を描きながら、生きる辛さや切なさ、そしてささやかな幸せを浮かび上がらせています。 不思議と救われたような気持になる作品でした。 【作者】 奥田徹 【あらすじ・概要】 33の短編集。以下は特に好きな5編です。 ・ウイス…

少年と木

大人向けの童話です。 夢の中で子供の頃を追体験するように、あの頃の「公園」を思い出す作品でした。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 母親と公園にきていた5歳のぼくは、見知らぬ少年に導かれ、いつもとは違う公園に辿り着く。 少年はぼくに「公園は誰…

ドーナツと彼女の欠片

大切な人を思い出す、日々を大切にしたくなるような素敵なお話でした。 【作者】 奥田徹 【あらすじ・概要】 3つの短編小説集。 ・十四歳じゃない(十三歳の少年と、十五歳の少女の物語) 自堕落な父親と暮らす十三歳の少年は自由を求めて家出を計画する。 …

行方

老齢の女性たちが、友人女性の生き方について語る話です。 とても淡々した語り口ですが、自分の人生を生きようとする女性の、熱い闘いが描かれています。 【作者】 高倉たえ 【あらすじ・概要】 70歳を過ぎた女性が大学時代の友人から、一年前に亡くなったも…

雪国

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という冒頭が有名な作品ですが、初めて読みました。 雪国の情景の重苦しさと美しさ、男の目を通して映る女の愛の純粋さと危うさが、淡々と描かれています。 なんだか胸が苦しくなるような作品です。 【作者】 …

東京来訪

六本木に憧れ日本にやってきたアメリカ人男性のクズっぷりと、彼を受け入れる女性の病みっぷりが、清々しいほど凄まじいです。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 テキサスに住むウィルソンは「努力」を憎み、惰性で生活を続けていた。好きな食べ物はタコ…

愛玉(あいだま): 9つの超短編小説集

9つの少し不思議な短編集です。表題作の「愛玉」をはじめ、男女や家族の「愛の形」を描く作品が大部分です。 それぞれの話が「暖かさ」や「怖さ」など、何かの痕跡を心に残していきます。印象深い作品集でした。 【作者】 高橋熱 【あらすじ・概要】 9つの…

テーブルの上のスカイラーク

タイトルからは何の本だか分からずに読み始めましたが、卓球の市民クラブに集う人たちを描く作品でした。ヤマダマコト氏の作品にしてはオカルトやホラー的な要素はなくて、普段と違う作風とでした。語り手の一人となる「あきらめのわるいオッサン」が実に格…

飛ぶ夢なんて、飛ぶ夢でしかないのに

夢の中を彷徨うような、心許なさと心地よさのある文章です。小説としてのストーリーはなく、メッセージが込められている風でもなく、純粋に雰囲気を味わう作品でした。 【作者】 淡波亮作 【あらすじ・概要】 6編の短編小説集。あまり筋だったストーリーはな…

二億円のドーナツ

とある地方都市の駅前再開発計画を巡るお話です。キャラクタが魅力的で楽しく読めるストーリーでした。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 都内まで片道2時間かかる地方都市の広山市に暮らす高橋。商業施設を作る計画が立ち上がり、 高橋が所有する土地が…

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。