毎日一冊! Kennie の読書日記

面白い本をガンガン紹介していきます!!

学習

『読書の技法』 佐藤優

月平均300冊、多い月には500冊を読破するという佐藤優氏の「読書の技法」どちらかというと「読書技法」の部分より、本の紹介と解説の方が面白いです。 こちらで内容の要約と書評を公開しています。 お手間をかけさせてしまいますが、リンク先を読んでもらえ…

『「ビジネス速読」仕事術 情報洪水に押し流されないノウハウ』 椋木 修三

タイトル:「ビジネス速読」仕事術 情報洪水に押し流されないノウハウ 作者 :椋木 修三 分かりやすさ ★★★☆☆ 役立ち度 ★★★☆☆ 斬新さ ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ 要約 「速読術」と「記憶術」をまとめて解説。びじねすでせいかをだs成果を出すためのノウハウ…

『人もお金も動かす 超スゴイ!文章術』 金川 顕教

タイトル:人もお金も動かす 超スゴイ!文章術 著者 :金川 顕教 役立ち度 ★★★★★ 分かりやすさ ★★★★★ 斬新さ ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ 要約 なぜ、あなたは文章術を身に付けるべきなのか? 文章術はあなたをブランド化する。SNSなどが発達し、誰でも情報…

『美しい「大和言葉」の言いまわし―――さりげなく、折り目正しく「こころ」を伝える』 日本の「言葉」倶楽部

こちらでも公開しています。 そのうち移行したいと考えています。 タイトル:美しい「大和言葉」の言いまわし―――さりげなく、折り目正しく「こころ」を伝える 作者 :日本の「言葉」倶楽部 オススメ度 おもしろさ ★★★☆☆ 新たな気づき ★★★★★ 役立ち度 ★★★★☆ 総…

『できるビジネスマンの超効率アウトプット 速書術』 午堂 登紀雄

「速読術」じゃなくて「速書術」 書くことの重要性が高まっている時代、 質の高いアウトプットを高速で生み出す! タイトル:できるビジネスマンの超効率アウトプット 速書術 作者 :午堂 登紀雄 オススメ度 分かりやすさ ★★★★☆ 役立ち度 ★★★☆☆ 実践しやすさ…

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 坪田信貴

いま、この本を読んでいただいた方に伝えたいです。 「頑張る」って意外といいもんでした。 タイトル:学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 作者 :坪田信貴 ギャルの成長物語 ★★★★☆ 勉強方法指南 ★★★☆☆ 家族の物語 ★★★☆☆ …

『言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術』 橋口幸生

読んでもらえることが当たり前じゃない。 「おもしろい文章」は「発見がある文章」だ! タイトル:言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術 作者 :橋口幸生 オススメ度 役立ち度 ★★★★☆ 分かりやすさ ★★★☆☆ 斬新さ ★★★☆☆ 総合オススメ…

『正義の教室』 飲茶

「人間は完全な正義を知りようもない。それでも、何が正しいか分からない世界の中でも、『正しくありたい』と願い、『善いこと』を目指して生きていく。きっとそれこそが、人間にとって唯一可能な正義だ」 タイトル : 正義の教室 作者 : 飲茶 オススメ度 …

『大人のための言い換え力』 石黒 圭

「ハゲ」はダメ。 「頭髪に問題のある人」と言い換えよう! 要約 状況に応じて、言葉の難しさや、厳密さを調整して言い換える「言い換え力」の大事さを説く。2章ごとに各視点で「ぴったり系」と「ゆったり系」の表現を対比して説明している。 第1章 知的に言…

『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』 蔭山克秀

タイトル : 経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる 作者 : 蔭山克秀 オススメ度 分かりやすさ ★★★★☆ おもしろさ ★★★★★ 著者の主張 ★★★★★ 総合オススメ度 ★★★★☆ 平板な「名著紹介」じゃない。 著者の気持ちが入ってます! 要約 経済学の基本から、資本主義…

『イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる』 池上彰

タイトル : イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる 作者 : 池上彰 オススメ度 分かりやすさ ★★★★★ 情報量 ★★★☆☆ Kindle読みやすさ ★☆☆☆☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ 世界情勢の「今」を理解するための宗教基礎知識! あらすじ…

『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』 山口周

タイトル : 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術 作者 : 山口周 オススメ度 分かりやすさ ★★★★☆ 実践しやすさ ★★★☆☆ 有益度 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ ビジネスパーソンのための本の読み方と役立て方。 要約 仕事に繋げる読書の原則 成果を…

『すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法』 浅田すぐる

タイトル : すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法 作者 : 浅田すぐる オススメ度 役立ち度 ★★★★★ 実践しやすさ ★★★★☆ 分かりやすさ ★★★★★ 総合オススメ度 ★★★★☆ 自分の言葉に噛み砕いた理解、アウトプット、他者への貢献を紙一枚にまとめる。…

『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』 飲茶

「史上最強の哲学入門」の第2弾です。西洋の哲学史を解説した第1弾に続き、東洋哲学についての入門書です。 西洋哲学とは性質の違う東洋哲学を、別のアプローチで説明しようとしています。入門書ではあるけれど飲茶さんの他の本を先に読んでおいた方が理解し…

『史上最強の哲学入門』 飲茶

哲学の本なのに参考文献筆頭が「グラップラー刃牙」というのは中々ファンキー。「真理」「国家」「神様」「存在」というテーマに分けて、各時代の哲学者たちが、より優れた「真理」を求めてきた闘いが開設されています。 飲茶さんの本は本当に分かりやすいし…

『《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!』和田稔

Kindleを活用した読書スタイルを提案する本です。 Kindleはよく利用するので、便利な使い方の紹介はありがたいです。 タイトル 増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! 作者 和田稔 あらすじ…

『あたらしい哲学入門 なぜ人間は八本足か?』 土屋賢二

土屋氏の大学での講義を本にまとめたものです。 タイトルの「なぜ人間は八本足か?」をみて「相変わらずナンセンスなギャグが好きだなぁ」と思ったのですが、本書を読み印象が変わりました。 「無意味な言葉を積み上げることのバカバカしさ」を笑い飛ばすこ…

『大人の語彙力大全』 齋藤 孝

「語彙」を広げるための本ですが、知っている言葉がほとんどで新しい発見はほぼありませんでした。正直「何をいまさら・・」というレベルです。 とはいえ知っていることと使えることは違うので、意識して使えば言い回しのバリエーションを増やすことはできそ…

『今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る』  馬屋原 吉博

日本の政治体制についての基礎の基礎を学ぶ本。中学入試レベルです。 良く整理されているし、とても中立的な内容なのですっと入ってきます。 タイトル 今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る 作者 馬屋原 吉博 あらすじ・概要 中学受験レベル…

『人生を面白くする 本物の教養』 出口治明

ライフネット生命の出口氏による「教養」についての本です。 ビジネス最前線に立つ経営者の言葉だけあって地に足がついていて、かつ分かりやすく伝わってきます。 出口氏自身の経験が語られていますが、同じように「シェイクスピアを読みなさい」、「美術館…

国語ゼミ AI時代を生き抜く集中講義

あらゆる勉強の基本は「読む力」だとして 国語力を上げる方法を説いています。 取り上げる題材が佐藤優さんの得意分野中心なので いつのまにか歴史や社会学の解説本っぽくなってますが 「読む力」を高めることの大切さは届きました。 【タイトル】 国語ゼミ …

読みたいことを、書けばいい。

もろにツボにはまる面白さでした。 知性を感じさせる、回りくどい笑かし方が最高です。 でも内容は結構厳しいし、シャープです。 「まず自分がおもしろくなければ、 他人もおもしろくない」 というのはその通りだと思いますね。 自分が面白がって書くことで …

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門

常識に捉われない自由な発想で、 最短ルートで問題解決するための 「ラテラルシンキング」を紹介しています。 短い本だけれど、豊富な事例紹介があって とても分かりやすく参考になりました。 【タイトル】 ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入…

考える教室 大人のための哲学入門 NHK出版 学びのきほん

プラトン、ルネ・デカルト、ハンナ・アレント、 吉本隆明 たちの著作を題材に 「本と対話し、自分の考えを深めていくこと」を説く本です。 分かりやすい哲学入門書でした。 【タイトル】 考える教室 大人のための哲学入門 【作者】 若松英輔 【あらすじ・概…

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

「他人モード」になった日常で「自分モード」をとり戻すため あえて論理や戦略から離れ、「妄想」から始める 「ヴィジョン思考」を提唱しています。 【タイトル】 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 【作者】 佐宗 邦威 【あらすじ・概要】 単なる妄想…

図解 統計学超入門

統計学の基礎をこれ以上ないほど丁寧に 解説してくれます。 標準偏差や正規分布、二項分布といった用語を 解説しながら、 「視聴率は、日本の5800万世帯のうち 6900世帯だけの調査で信頼できるのか」とか 「選挙の出口調査はなぜ、あれほど早いタイミングで …

才能に頼らない文章術

「 文章を書くことには才能がいるけれど 読者視点に立って読みやすいように編集することは、 後天的に身に付けられるスキルだ」という 編集者の経験をもつ著者の本です。 ライターではなく編集者の立場から 読者視点を大事にした文章力向上を説いています。 …

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる ビジネスマンのための力養成講座シリーズ

経営コンサルタントの小宮氏による 「数字」を読む力を養成する本。 【タイトル】 ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる ビジネスマンのための力養成講座シリーズ 【作者】 小宮一慶 【あらすじ・概要】 数字力とは 1. 把…

翻訳地獄へようこそ

プロの翻訳家による 翻訳のコツや気を付けるべきポイント集です。 外国の小説などは翻訳者によって 読みやすさが段違いなのは間違いないです。 「プロの翻訳家はここまで考えているんだな」 という驚きと、 「プロでもこういう間違いはあるんだな」 という気…

読書の価値

森博嗣さんの書かれた「読書」についての本です。 自身の読書遍歴から、文章を書くことについて はたまた 出版の未来予測まで 幅広い話題が取り上げられていますが どれも著者独特のクセがある切り込み方です。 「本を読むこと」の意味づけもきちんと定義し…

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。