毎日一冊! Kennie の読書日記

面白い本をガンガン紹介していきます!!

健康

「体を温める」と病気は必ず治る―――クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

かなり低体温気味なので、 「平熱を上げる方法はないかな」と思い読んでみました。 やり方のサンプルとして使える部分もありそうです。 【タイトル】 「体を温める」と病気は必ず治る――― クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 【作者】 石原 結實 【あ…

食べ物を変えれば脳が変わる

食べ物が脳に与える影響を解説しています。 律儀にエビデンスを挙げながら 客観的な説明を心がけているので 10年近く前の本でもないように古さを感じませんでした。 【タイトル】 食べ物を変えれば脳が変わる 【作者】 生田哲 【あらすじ・概要】 薬学博士で…

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ―――疲れ、息切れ、めまい、不眠、物忘れ

サプリや医薬品、様々な健康法の 効果・副作用について解説しています。 効果と害悪の両方について 「エビデンス」の信頼レベルを示して説明し 極力、科学的であろうとしています。 それでも、健康問題になると、 著者も読者の側でもどうしても、 バイアスが…

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

自律神経の失調でうつ気味だった著者が ヨガを始めて復活したプロセスを紹介しています。 難易度の低いポーズが中心だし 「完璧でなくても効果がある」という 紹介の仕方なので気楽に試せます。 すべてのポーズで伸ばすべきポイントを イラストで紹介してと…

マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術

敏感すぎることに悩んでいる人たちが 超鈍感な精神科医に相談して生き辛さを乗り越えていく話です。 【タイトル】 マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術 【作者】 ゆうきゆう 【あらすじ・概要】 メンタルの問題の多くは「認知…

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方

運動は脳を鍛えて、様々な問題を解決するということを 学術的な話を交えて解説していく本です。 ちょっと長くてくどい文章ですが、面白いです。 【タイトル】 脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方 【作者】 ジョン・J・レイテ…

10キロやせて永久キープするダイエット

昔から小太りで、何度もダイエットに失敗してきた著者が 認知心理学者のアドバイスを得ながら、 「習慣化するダイエット」に挑戦する本です。 【タイトル】 10キロやせて永久キープするダイエット 【作者】 山崎潤子 【あらすじ・概要】 大まかな流れは以下…

健康の結論

「予防できる病気は予防しよう」という本でした。 ホリエモンの「超現実主義的」な部分が良い方向に出ています。 【作者】 堀江貴文 【あらすじ・概要】 「防げる死は防ぐ」という考えの元、予防医学を語る。 メンタル管理と自殺予防 ・日本は先進国でも自殺…

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 

「とにかく筋トレしろ!」という本です。 勢いがあって楽しく読めます。ちょっと腕立・腹筋してみました。 【作者】 Testosterone、久保孝史 、 福島モンタ 【あらすじ・概要】 筋トレ伝道者の Testosterone氏のつぶやきパート、 スポーツ科学研…

正しいツボの見つけ方・押し方

ツボの探し方を丁寧に図解してくれている本です。ツボの位置は当たると「痛気持ち良さ」で分かるのだけれど、言葉や大雑把な図解だけでは見つけにくいので、ここまで懇切丁寧な図解は役に立ちました。 【作者】 福辻鋭記 【あらすじ・概要】 骨を基準とした…

若いと言われる人があたりまえにやっている16の老けない習慣

「若くて元気」を維持する方法を提案しています。こういう健康情報は流行り廃りがあったり、極端に偏ったりしがちですが、この本は比較的バランスの良い内容でした。自分でも取り入れてみようかな、と思える提案もいくつかありました。 【作者】 満尾正 【あ…

こころの旅

精神科医である神谷恵美子が、誕生から死まで人が一生でたどる「心の旅」を書いた本です。 最初は学説の紹介などで客観的な内容なのだけれど、向老期や死を迎える段階では、少し宗教掛かったような主観的な内容でした。40年以上前の出版なので内容的に古さも…

精神科医は腹の底で何を考えているか

【作者】 春日武彦 【あらすじ・概要】 精神科医である著者による「精神科医が医療行為を行うときに考えていること」を書いた本。 最初に精神科医によって処方薬のクセがあることがから入る。基本知識がないと分かりにくい話題から書き始めるのはさすがだと…

首・肩の頸椎症は自分で治せる!

【作者】 酒井慎太郎 【あらすじ・概要】 整体師である著者が頸椎症の改善について解説した本。 ・「筋肉疲労」が「首の関節異常」に移行すると頑固な「頸椎症」となる。さらに進行すると神経が頸椎に干渉する「椎間板ヘルニア」に移行し、腕のしびれ等も発…

一生太らない魔法の食欲鎮静術

【作者】 松尾伊津香 【あらすじ・概要】 無理なく健康的な体系を維持するための「食欲鎮静術」を謳う本。 ポイントは食べ物をよく味わう「食事瞑想」を通じて「量ではなく質で満足する」体にしていくこと。 提唱しているのは以下の二点。 舌先に食べ物を当…

明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術 ビジネスライフ

【作者】 渡部卓 【あらすじ・概要】 ビジネスマンの観点から主に仕事に絡めて、疲れをマネジメントする方法を書いた本。いかのような章立て。 疲れのメカニズムと現状把握疲れには以下の3種類がある。・「肉体的疲労」-エネルギー切れ・「精神的疲労」-人…

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬

【作者】 薬理狂室 【あらすじ・概要】 薬や毒の特性や使い方について説明する本。 タイトルが毒々しいし、第一講が「目覚ましクスリ」として「メタンフェタミン」や「アンフェタミン」から入るなど、アングラな匂い満載だが、実際は「処方薬の種類や有効な…

今夜、すべてのバーで

【作者】 中島らも 【あらすじ・概要】 アルコール性の急性肝炎で入院した「小島」の視点で、同室の入院患者、主治医との交流や、泥酔して車にひかれ死んだ友人の天童寺やその妹との関係を綴った物語。普通の社会生活から徐々にドロップアウトしてアルコール…

ザ・ロングラン 人生を走り出す日まで

【作者】 ミシュカ シバリー 【あらすじ・概要】 著者はアルコールに依存し、ドラッグに溺れる自堕落な日々を過ごしていた。「あなたは丈夫じゃない」と母親に言われていたが、長い期間アルコールや薬物に依存していたにも関わらず、肉体的には病気はなかっ…

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女

【作者】 アラン・ビーズ、 バーバラ・ビーズ 【あらすじ・概要】 男女の脳は胎児の時期に浴びた性ホルモンの影響で、先天的にプログラムされている部分がある。 影響の程度により、男性的・女性的な特徴が強く出る人と中間的な人が出てくるが、全体的な傾向…

ケトン体が人類を救う〜糖質制限でなぜ健康になるのか〜

【作者】 宗田哲男 【あらすじ・概要】 産婦人科医である著者が妊婦糖尿病の症例などを通し、現行のカロリー制限・イスリン投与という対応に反対を示す。 ポイントは ・糖質だけが血糖値を上げ、タンパク質や脂質は直接的には血糖値を上げない、 ・カロリー…

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割

【作者】 森 拓郎 【あらすじ・概要】 運動するだけで痩せることは難しく、食事に気をつけることがダイエットにも健康維持にも不可欠だという趣旨。 運動だけでカロリーを消費し、体脂肪を燃焼させるには相当の運動量が必要。筋肉を増やすことで基礎代謝を増…

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める

【作者】 築山 節 【あらすじ・概要】 脳神経外科医であり、脳の機能回復を専門とする作者による、脳の機能を保ち高めるための良い習慣を語る本。参考になるポイントは多いが、中でも特に印象に残った項目を挙げる。 ・生活の原点をつくること。 寝る時間は…

脳科学意が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法

【作者】 高田 明和 【あらすじ・概要】 医学博士が書いた 敏感すぎる人についての本。 世の中には周囲の環境に敏感な人間が20%程度はいて、HSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれている。これは性格の弱さではなく「気質」だとしている。人よりも敏感に…

すべての疲労は脳が原因

【作者】 梶本 修身 【あらすじ・概要】 疲労についての研究をしている医学博士の著作。疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素だという見解。疲労を定量的に評価するための疲労バイオマーカを見つけ、実際には有酸素運動程度では筋肉疲労は発生していないことが…

スタンフォード式 最高の睡眠

【作者】 西野 精治 【あらすじ・概要】 スタンフォード大学の教授であり、睡眠研究の権威である著者が「より良い睡眠」について書いた書籍。 私の印象に残ったのは以下のポイント。 ・睡眠は量ではなく質 もちろん十分な睡眠時間を確保することは大事だが、…

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる

【作者】 馬渕 知子 【あらすじ・概要】 コーヒー・ビールはうまく取り入れると健康に良く、生産性を高めることにも役立つとする内容。特に印象に残ったのは以下の項目。 ・コーヒーは飲む時間が大事。 朝一番は覚醒ホルモンであるコルチゾールが分泌されて…

キラーストレス 心と体をどう守るか

【作者】 NHKスペシャル取材班 青柳 由則、梅原 勇樹 【あらすじ・概要】 ストレスが心と体にどのような影響を与えるか、ストレスから体を守るためになにができるのかについての本。 ストレスによる影響で扁桃体が肥大化し、ストレスホルモンであるコルチゾ…

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。