毎日一冊! Kennie の読書日記

面白い本をガンガン紹介していきます!!

ミステリ

『依頼人は死んだ』 若竹七海

女探偵 葉村晶は、実姉の珠洲に殺されかけ逃れた。珠洲は晶を恨みながら自殺してしまった。晶は珠洲による嫌がらせを怖れて、所属していた探偵事務所を止めてしまい、彼女が自殺した後も復職せず、依頼を都度引き受ける臨時雇い探偵として生活していた。そん…

『真実の10メートル手前』 米澤穂信

タイトル:真実の10メートル手前 作者 :米澤穂信 ジャーナリズムの哲学 ★★★★★ ミステリ ★★★★☆ シリーズ続編期待 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ 「さよなら妖精」で登場した大刀洗万智がジャーナリストになり活躍する短編集。時系列的には「王とサ…

『緋色の研究』 アーサー・コナン・ドイル

タイトル:緋色の研究 作者 :アーサー・コナン・ドイル 名探偵の造形 ★★★★★ ワトソンという視点 ★★★★☆ 物語としての動機 ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ ロンドンで下宿を探していた元軍医のジョン・ワトソンが、友人の紹介でシャーロック・ホームズ…

『僕が殺しました×7』 二宮敦人

タイトル:僕が殺しました×7 作者 :二宮敦人 ミステリトリック ★★★★☆ オチ ★★★☆☆ 多面的な描写 ★★★★★ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ 7人が「私が榊リエを殺した」という。真実はどこにあるのか。大学生の藤宮リョウは女子高生の榊リエと付き合っていたが…

『朱色の研究』 有栖川有栖

3つの事件の繋がりを解く。正統派のミステリ。 タイトル:朱色の研究 作者 :有栖川有栖 オススメ度 正統派ミステリ ★★☆☆☆ 情景の美しさ ★★★☆☆ 色々トリビア ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★☆☆☆ あらすじ 臨床犯罪学者の火村英生と、ミステリ小説家有栖川有栖が事件…

『君が電話をかけていた場所』 三秋 縋

「私の自由のために、祈ってください」 彼女は何に縛られていたのか、最後になって分かります。 タイトル:君が電話をかけていた場所 作者 :三秋 縋 オススメ度 恋愛物語 ★★★★☆ 青春の夏の物語 ★★★★☆ ミステリ ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ 深町陽…

『僕が電話をかけていた場所』 三秋 縋

私は、今度こそ、幸せな結末の『人魚姫』にしたかったんです。 これでようやく、私は私自身にけりがつけられそうです。 タイトル:僕が電話をかけていた場所 作者 :三秋 縋 オススメ度 青春の夏の物語 ★★★☆☆ 伏線回収 ★★★★★ 悲恋の物語 ★★★☆☆ 総合オススメ…

『暗いところで待ち合わせ』 乙一

「一人で生きていけるというのは、嘘だった」 孤独を選ぼうとした男女が、運命に翻弄されながら心を通わせていく。 タイトル:暗いところで待ち合わせ 作者 :乙一 オススメ度 孤独な世界 ★★★☆☆ 人とのふれあい ★★★★★ ミステリ要素 ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★★…

『オリエント急行の殺人』 アガサ・クリスティー

古典的スタンダード作品だけど、実は結構型破り。 名探偵ポワロが、アリバイトリックに挑む!と見せかけて、戦う相手はアリバイじゃなかった。 タイトル:オリエント急行の殺人 作者 :アガサ・クリスティー オススメ度 正統派ミステリ ★★★☆☆ 推理のキレ ★★★…

『ダーティースノウ』 初瀬明生

月食で地球に隠れた月面は、太陽光の屈折で赤く見えることがあるという。 人の心の普段は見えない部分が、ふとした機会に表出される不気味さに重なる。 タイトル:ダーティースノウ 作者 :初瀬明生 オススメ度 ミステリ度 ★★★☆☆ 不気味さ ★★★★☆ おどろき ★★…

『超巨大密室殺人事件』 二宮 敦人

「金がないから、仕事をして金を稼がなくてはならないから、仕事を美化しているに過ぎない。 金があるのなら、働かないに越したことはない」 うーん、資産家ニートは正直うらやましい。。 タイトル:超巨大密室殺人事件 作者 :二宮 敦人 オススメ度 誰もが…

『それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain?』 森博嗣

人間ではないもの、人間が作ったものが、 人間以上に人間らしくなり、 人間以上に正しく生きる世の中が来る。 きっと来るだろう。 否、もう来ているのかもしれない。 タイトル:それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have …

『占い処・陽仙堂の統計科学』 二宮 敦人

万物は変化する。 日は昇り、沈む。海は満ち、引く。人は死に、生まれる。 世界の何一つとして変化せずにいられるものはない。 そんな変化する世界の中でも変わらないもの、それはまさに変化そのものだ。 変化は止まらない。変化こそが不変なり。 タイトル:…

『失はれる物語』 乙一

ありがとう。 わたしたちはお互いに、 何かを与えあったり、 分けあったりしたわけではない。 ただ、そっとそばにいただけ。 それでじゅうぶんだった。 タイトル:失はれる物語 作者 :乙一 オススメ度 切ない物語 ★★★★★ 不思議な物語 ★★★★☆ 優しい物語 ★★★★…

『京都寺町三条のホームズ : 2 真贋事件簿』望月麻衣

そうだ、京都に行こう!! タイトル:京都寺町三条のホームズ : 2 真贋事件簿 作者 :望月麻衣 オススメ度 ミステリ度 ★★☆☆☆ 恋愛小説度 ★★☆☆☆ 京都観光案内度 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ あらすじ 「京都寺町三条のホームズ」第2弾。骨董店「蔵」の若き鑑…

『京都寺町三条のホームズ : 1』 望月麻衣

面白くて知恵がつく、人の死なないミステリ! タイトル : 京都寺町三条のホームズ : 1 作者 : 望月麻衣 オススメ度 トリビアミステリ ★★☆☆☆ 恋愛ストーリー ★★★☆☆ 京都観光案内 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ あらすじ 大宮から京都に引っ越してきて半年の…

『高原のフーダニット』 有栖川有栖

公言した上での「叙述トリック」 「作中人物と読者が同時に驚愕するようなミステリ」は成立するのか。 タイトル:高原のフーダニット 作者 :有栖川有栖 オススメ度 叙述トリック ★★★★☆ ナンセンス ★★★☆☆ フーダニット ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ あらすじ …

『僕が七不思議になったわけ』 小川 晴央

不安ばかりでもよい。恐怖ばかりでもよい。認めがたい後ろ向きな思いばかりでもよい。 でもその中に落ちているひと欠片の心を、決して無視してやるな。 タイトル:僕が七不思議になったわけ 作者 :小川 晴央 オススメ度 恋愛小説 ★★★☆☆ 巧妙な伏線 ★★★☆☆ ど…

『君と時計と雛の嘘 第四幕』 綾崎隼

雛美の「嘘」に涙が止まらない。。 タイトル:君と時計と雨の雛 第三幕 作者 :綾崎隼 SF小説度 ★★★☆☆ 恋愛小説度 ★★★★☆ ミステリ度 ★★★☆☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ - ネタバレあり 「君と時計と塔の嘘」シリーズ第4幕。 10月10日の学園祭当日に「杵…

『君と時計と雨の雛 第三幕』 綾崎隼

大切な人たちを、ただ大切にしながら生きて行けたなら。 きっと、それだけで彼女は幸せだったのに。 タイトル:君と時計と雨の雛 第三幕 作者 :綾崎隼 SF小説度 ★★★☆☆ 恋愛小説度 ★★★★☆ ミステリ度 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ - ネタバレあり 「…

『君と時計と塔の雨 第二幕』 綾崎隼

傷つくことも、傷つけられることも上手に避けて。 一番大切な言葉だけ口にできないまま、こうして大人になっていく。 タイトル:君と時計と塔の雨 第二幕 作者 :綾崎隼 SF小説度 ★★★☆☆ 恋愛小説度 ★★★★☆ ミステリ度 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ -…

『国語、数学、理科、誘拐』 青柳 碧人

「勉強するってことは、知識や応用力とともに余裕を手に入れることなんだ。 そうなるとね、人にやさしくできるんだって」 タイトル:国語、数学、理科、誘拐 作者 :青柳 碧人 オススメ度 ミステリ? ★★☆☆☆ 青春ストーリー ★★☆☆☆ 勉強のススメ ★★★☆☆ 総合オ…

『犬はどこだ』 米澤穂信

「自分が最も嫌いなことは他者に命運を握られることであり、次に嫌いなことは他者の命運を握ることだ」 弱者には弱者の戦い方がある! タイトル:犬はどこだ 作者 :米澤穂信 オススメ度 ミステリの巧みさ ★★★★☆ 探偵たちの魅力 ★★★★☆ ラストの衝撃 ★★★★☆ 総…

『郵便配達人 花木瞳子が望み見る』 二宮敦人

「人は悪になり切ろうとしてもなり切れない。勝手にそこに善を見出すバカがいるから」 タイトル : 郵便配達人 花木瞳子が望み見る 作者 : 二宮敦人 オススメ度 お仕事ミステリ ★★★★☆ 恋愛要素 ★★★☆☆ 老いの悲哀 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ 亀山…

『京都烏丸御池のお祓い本舗』 望月麻衣

気楽に読める「オカルト系ミステリ」 タイトル : 京都烏丸御池のお祓い本舗 作者 : 望月麻衣 オススメ度 オカルト要素 ★★☆☆☆ ミステリ要素 ★★☆☆☆ キャラ魅力 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ あらすじ 会社をリストラされ恋人とも別れた木崎朋美はバーでやさぐ…

『郵便配達人 花木瞳子が顧り見る』 二宮敦人

めちゃくちゃ怖い。。 でも、途中から物語の見え方が変わってきます。 タイトル : 郵便配達人 花木瞳子が顧り見る 作者 : 二宮敦人 オススメ度 お仕事ミステリ ★★★☆☆ ホラー要素 ★★★★★ どんでん返し ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ 郵便配達人の花木…

『郵便配達人 花木瞳子が仰ぎ見る』 二宮敦人

「手紙には気持ちがこもっているんだ。 信頼が、愛が、想いが。 読んだ人は文字から気持ちを再生するんだよ。二人が共有したのは文字だけでも、それ以上のものがやり取りされている」 郵便配達人 花木瞳子シリーズ第2弾! タイトル : 郵便配達人 花木瞳子が…

『ローウェル骨董店の事件簿 交霊会とソルジャーベア』 椹野道流

ロンドンを舞台にしたミステリ。 イギリス料理は美味しい!! タイトル : ローウェル骨董店の事件簿 交霊会とソルジャーベア 作者 : 椹野道流 オススメ度 ミステリ度 ★★☆☆☆ 美しい男たち ★★☆☆☆ 料理が美味しそう ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★☆☆ あらすじ 骨董…

『ABC殺人事件』 アガサ・クリスティー

一つのミステリ類型の始まり。 抜群のストーリーテリング!! タイトル : ABC殺人事件 作者 : アガサ・クリスティー オススメ度 本格ミステリ度 ★★★☆☆ 斬新さ ★★★★☆ プロット巧みさ ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ あらすじ - ネタバレあり エルキュール・ポ…

『掟上今日子の遺言書 忘却探偵』 西尾維新

タイトル : 掟上今日子の遺言書 忘却探偵 作者 : 西尾維新 オススメ度 探偵の斬新さ ★★★★☆ 本格ミステリ ★★★☆☆ 探偵の変態度 ★★★★☆ 総合オススメ度 ★★★★☆ 一日しか記憶がもたない忘却探偵。 4作目にして変態に磨きがかかる! あらすじ 隠館厄介(かくしだ…

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。